ファンタスティック ビースト


昨日封切りの映画を高1の娘と一緒に観てきました。
ファンタスティック ビースト
ハリーポッターの原作者J・K・ローリングが自ら脚本を手がけた作品だけあって
映画の中にもホグワーツやダンブルドア等おなじみの固有名詞がでてきて
ハリーポッターフアンの人にはたまらないと思います。

映像も迫力満点ですし
とっても楽しめるいい作品だと思います。

舞台がNYだけにハリーポッターフアンで、
今年の夏NYに行った娘は、かなり喜んでしました。(笑)
もう一度観に行きたいそうです。

字幕がいいと娘が言ったので2D版を観ましたが
3D版だと迫力がありすぎるくらいかな~と思います。
3Dでも字幕版をやってくれると嬉しいな~

(今日のひと言)
ファンタスティック ビースト楽しめます!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ファンタスティック ビースト

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/12105

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2016年11月24日 05:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「立場」です。

次のブログ記事は「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01