助成金の考え方


昨日は現在顧問契約している社労士から勧められた助成金に対して不安を感じられている方からのご相談を受けました。

お話を伺っていると、
本来会社が考えている以上のことをしないと助成金を受給できず、
受給できる助成金よりも持ち出しが多いということで
まずは社内体制を整えることが大切で
助成金ありきは、やめるようにお勧めしました。

こういったケースはよくあることで
助成金のために会社の体力以上の対応をして
会社の発展を阻害する要因となることが多々あります。

まずは会社発展のための社内体制をしっかりと構築すること
そのうえで、受給できる助成金があれば余禄として頂くという姿勢が大切です。

目の前のお金のために、会社の阻害要因を作っては本末転倒です。

クライアントの発展のために本当に必要なことをアドバイスしていくという
当たり前のことを徹底していきたいと思います。

<今日の一言>
当たり前のことを徹底する!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 助成金の考え方

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/14216

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年11月30日 06:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「駒大陸上部監督がパワハラ告発」です。

次のブログ記事は「今月は変化の月」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01