かくて行動経済学は生まれり [ マイケル・ルイス ]

二人のユダヤ人の足跡

目次は次のとおりです。

見落としていた物語
専門家はなぜ判断を誤るのか?
ダニエル・カーネマンは信用しない

エイモス・トヴェルスキーは発見する
無意識の世界を可視化する
直感は間違える

脳は記憶にだまされる
人はストーリーを求める
まず医療の現場が注目した

そして経済も
説明のしかたで選択は変わる
終わりの始まり

最後の共同研究
そして行動経済学は生まれた

データ分析を武器に、貧乏球団を常勝軍団に作り変えたメジャーリーグチームGMを描いた『マネー・ボール』は、
スポーツ界やビジネス界に「データ革命」を巻き起こした。
刊行後、同書には数多くの反響が寄せられたが、その中である一つの批判的な書評が著者の目に止まった。
「専門家の判断がなぜ彼らの頭の中で歪められてしまうのか。
それは何年も前に二人の心理学者によって既に説明されている。
それをこの著者は知らないのか」。
この指摘に衝撃を受けた著者は、その二人のユダヤ人心理学者、ダニエル・カーネマンとエイモス・トヴェルスキーの足跡を追いはじめた。
面白い切り口の本で、どんどん物語の中に引き込まれます。

<印象に残った一文>
「人は効用を最大にするのではなく、後悔を最小にしようとしている。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: かくて行動経済学は生まれり [ マイケル・ルイス ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13029

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2017年9月25日 15:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「産業・組織心理学 シリーズ心理学と仕事11 [ 太田 信夫 ]」です。

次のブログ記事は「小さな習慣 [ スティーヴン・ガイズ ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01