東芝 原子力敗戦 [ 大西 康之 ]

ノンフィクション決定版

目次は次のとおりです。

プロローグ そこに悪意はあったか
第1章 原子力ルネサンス
第2章 東日本大震災

第3章 粉飾決算
第4章 破滅への道程
第5章 原発ビジネスの終焉

第6章 東芝が消える日
エピローグ サラリーマン全体主義の限界

2006年、米原発メーカー・ウエスチングハウス買収をきっかけに、解体の危機へと追い込まれた東芝。
経産省の思惑、国策にすがる幹部、暴走する原子力事業部員の姿を、社内極秘資料を元にあますところなく描く。
『日経ビジネス』在籍時代からスクープを連発した、第一人者によるノンフィクション決定版です。
東芝衰退の原因が丁寧に描かれています。

<印象に残った一文>
「夜郎自大のサラリーマン全体主義では、もはやどんな大企業であっても生き残れない。そういう時代がやってきたのだ。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 東芝 原子力敗戦 [ 大西 康之 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13032

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2017年9月26日 09:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小さな習慣 [ スティーヴン・ガイズ ]」です。

次のブログ記事は「1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真 [ 林田康隆 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01