中国バブルはなぜつぶれないのか [ 朱 寧 ]

中国のバブルの本質

目次は次のとおりです。

第1章 無傷のデフォルト
第2章 破綻はひとつの選択肢(中国のシャドーバンキング問題)
第3章 損失を出せない住宅購入者

第4章 中国証券監督管理委員会への陳情
第5章 オルタナティブ金融イノベーション
第6章 成長エンジンの裏側ーー深刻な低迷

第7章 あり余る生産能力
第8章 フォーチュン500社から真に国際競争力のある企業へ
第9章 すべての信用の源泉ーーデフォルトとは無縁の政府

第10章 まじない師の統計
第11章 保証された破綻? 暗黙の保証、海外の教訓
第12章 潮が引いたときーー改革をどう進めるか

気鋭の中国人経済学者が、中央政府が主導し、地方政府、国有銀行、国有企業、業界も加わった、
経済成長を最大の目標とし、バブルの形成・維持を「暗黙に保証」する仕組みこそが、中国のバブルの本質であることを鮮やかに分析。
バブルは「暗黙の保証」によってセットされた時限爆弾であり、「暗黙の保証」をやめ、市場を経済の中心に据える仕組みへと改革できなければ、強靭な「剛性」バブルは最終的には崩壊せざるをえない、それは時間の問題だ、と警告する書です。
今後の潮流を読む上で参考になる書です。

<印象に残った一文>
「経済成長とは100メートル走ではなく、マラソンなのだ。経済成長は数字だけで測られるものではなく、全国民にとって益となるものでなければならない。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 中国バブルはなぜつぶれないのか [ 朱 寧 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13077

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2017年10月14日 05:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える「脳を本気」にさせる究極の勉強法 瀧靖之/著」です。

次のブログ記事は「政党政治はなぜ自滅したのか? さかのぼり日本史 (文春文庫) [ 御厨 貴 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01