激情回路 人はなぜ「キレる」のか [ R・ダグラス・フィールズ ]

人はなぜ「キレる」のか

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

激情回路 人はなぜ「キレる」のか [ R・ダグラス・フィールズ ]
価格:3132円(税込、送料無料) (2017/10/4時点)


目次は次のとおりです。

第1部 激情反応
(突発的な暴力/激情の神経回路/トリガーは何か? ほか)

第2部 警戒警報
(正しいことをすばやくやる/脅威の風味/英雄と臆病者 ほか)

第3部 調和の道
(セックス、そして愛/争いに満ちた世界/回路を超えて)

穏やかな人が、突然キレて、暴力行為に及ぶことは珍しくない。
導火線に火がついたら最後、私たちの脳にある「殺し」のプログラムが作動するのです。
人間が我を忘れるのは、どのような状況においてだろうか。
それは、ピンチにおいて「火事場の馬鹿力」になりうるか。
常識では説明のつかない行動の意味を、スリリングに解きあかす書です。
目からウロコの情報が満載です。

<印象に残った一文>
「人間の脳には殺しのプログラムがセットされている。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 激情回路 人はなぜ「キレる」のか [ R・ダグラス・フィールズ ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13150

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2017年11月 6日 09:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「海外ドラマはたった350の単語でできている [ Cozy ]」です。

次のブログ記事は「動きすぎてはいけない ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学 (河出文庫) [ 千葉 雅也 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01