人口論入門 歴史から未来へ [ 杉田 菜穂 ]

歴史から未来へ

目次は次のとおりです。

人口への関心
人口論の射程
人口論の形成と展開

戦前日本の行政における人口認識
戦後日本の行政における人口認識
少子化の理論と出生力変動

少子化対策の形成と展開
女性のライフスタイルの多様化

原点としての母性保護論争
少子高齢化と社会保障〔ほか〕

これから数十年の間に日本の人口は急速に減少する。
その原因である少子化をどう考えればよいのか。
歴史から学ぶことを重視しつつ、
出生、死亡、移動といった人口現象と、それに関連する政策課題について考えを深める書です。
色々な気づきを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「異性間の性欲は必ず存在することから人校は幾何数級的に増加するが、人間の生存に欠かせない食料は算術級数的にしか増加しない。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 人口論入門 歴史から未来へ [ 杉田 菜穂 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13226

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2017年12月 6日 06:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「図解で早わかり 民法改正で変わる!最新 契約のしくみとルール [ 梅原ゆかり ]」です。

次のブログ記事は「子育てがハッピーになる!子どもが望む”8つのこと” [ 佐藤しもん ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01