松任谷正隆の素 [ 松任谷正隆 ]

著者初の自伝エッセイ集

目次は次のとおりです。

オーディオは僕の育ての親
時計の神様
スニーカーの乗り心地
隣人と嘘とダッフルコート
取り憑かれたように手に入れたペンタックス
外食が怖い
密やかな楽しみ
未来はアメリカ車の先に
アニマルハウスが教えてくれた映画
パリと一枚のカーディガン
ピアノ少年の夢
男子の特権
クラーク・ケントとスーパーマン
奇跡の一発
ああ体臭
アメカジの終着駅
紅門括約筋と友達になる方法

男子と紙袋
青春のパーカー
心はベガとともに

松任谷正隆は松任谷正隆に生まれた、わけではない。
松任谷正隆に、なったのだ。いろいろあってね。
著者初の自伝エッセイ集です。
面白い切り口の本です。


<印象に残った一文>
「モノはただのモノでしかない。しかしその瞬間、自分にとっての代えがたいモノに変わる。面白いものだ。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 松任谷正隆の素 [ 松任谷正隆 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13273

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2017年12月22日 18:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「そっと無理して、生きてみる 百歳先生の人生カルテ [ 高橋 幸枝 ]」です。

次のブログ記事は「幸せ!って感じる自分になれる「ありがとう」の魔法 (マイナビ文庫) [ 野坂 礼子 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01