禅僧が教える心がラクになる生き方 [ 南直哉 ]

霊場・恐山の禅僧が説く“善く生きる”ヒント

目次は次のとおりです。

1章 あなたが大切にしている「自分」とは何か
(「自分を大切にする」ことをやめる/「生きる意味」は見つけなくてもいい ほか)

2章 「夢」や「希望」という重荷を下ろす
(「夢」や「希望」がなくても人は生きていける/夢も、「夢を追う自分」も徹底的に冷たく見る ほか)

3章 感情に振りまわされないために
(こじれた人間関係は「愛情」や「努力」では変わらない/感情が揺れてもかまわない ほか)

4章 死に向かって今日を生きる
(こぼれてしまった悲しみを癒やしてくれる場所がある/後悔は、抱えたまま生きればいい ほか)

不安・怒り・執着・嫉妬は手放せる。
「自分を大切にする」ことをやめる。
生きるか死ぬか以外に大したことなどない。
永平寺で20年修行した、
霊場・恐山の禅僧が説く“善く生きる”ヒント集です。
色々な気づきを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「人間にとって挫折は大事だと思います。なぜなら、その時人は損得勘定から離れられるからです。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 禅僧が教える心がラクになる生き方 [ 南直哉 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13297

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2017年12月30日 06:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「間違いだらけ!日本人のストレッチ 大切なのは体の柔軟性ではなくて「自由度」です (ワニブックス〈PLUS〉新書) [ 森本貴義 ]」です。

次のブログ記事は「できる人の時短仕事術 なぜ一流の人はノー残業でも結果を出せるのか [ 水沢博樹 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01