大人の語彙力が面白いほど身につく本<LEVEL2> (青春新書プレイブックス) [ 話題の達人倶楽部 ]

ひとつ上の言葉を、実践的な使い方と合わせてまるごと紹介

目次は次のとおりです。

1 たった一つの読み間違いで、あなたの日本語が台無しです
2 大人になると、言い間違えても誰も指摘してくれません

3 これを言うだけで、「言葉を知らない人」と思われます
4 意味をおさえないと痛い目にあう日本語です

5 人の品性は書き間違いひとつにあらわれます
6 書き間違いひとつで、あなたの教養がはかられています

7 カタカナ語を使うなら、このポイントは外せません
8 大人社会では、言葉を武器にするしかありません

本を読む、文章を書く、他人と会話するときに「大人の語彙力」は必須スキルです。
うっかり使うと笑われることばから、さりげなくモノにしたい格調高いことばまで、
日本語を存分に使いこなしたい人なら絶対に外せない、
ひとつ上の言葉を、実践的な使い方と合わせてまるごと紹介してくれます。
心のモヤモヤが消える、一目おかれる、人間関係がまるくなる……。
目からウロコの情報が満載です。

<印象に残った一文>
「以前正しかった表現が一転、誤用や古臭い表現になることがあります」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 大人の語彙力が面白いほど身につく本<LEVEL2> (青春新書プレイブックス) [ 話題の達人倶楽部 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13339

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年1月13日 07:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いつでも死ねる [ 帯津良一 ]」です。

次のブログ記事は「ノーベル賞の舞台裏 (ちくま新書) [ 共同通信ロンドン支局取材班 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01