増補版 アメリカから<自由>が消える [ 堤 未果 ]

米国民はいつどうやって失ったのか?

目次は次のとおりです。

第1章 飛行機に乗れない!丸裸にされる!恐怖の空港
第2章 何もかも見られている
第3章 ある日突然人が消える!

第4章 口をふさがれる市民
第5章 危機に立つジャーナリストたち
第6章 それでも“希望”は存在する
袋綴じ

合衆国憲法が保障するはずのプライバシーや自由、公正な選挙や手続き、
権力に対し異議を唱える権利を、米国民はいつどうやって失ったのか。
目からウロコの情報が満載です。

<印象に残った一文>
「民主主義にとって最大の脅威とは<戦争>や<安全保障>の名の下に、司法、立法、行政などすべての権力が一箇所に集中することだ。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 増補版 アメリカから<自由>が消える [ 堤 未果 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13320

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年1月 6日 18:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「農業のマーケティング教科書 食と農のおいしいつなぎかた [ 岩崎 邦彦 ]」です。

次のブログ記事は「日本がバカだから戦争に負けた 角川書店と教養の運命 (星海社新書) [ 大塚 英志 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01