ノーベル賞の舞台裏 (ちくま新書) [ 共同通信ロンドン支局取材班 ]

ノーベル賞取材の集大成

目次は次のとおりです。

プロローグ ベールに包まれたノーベル賞
第1章 文学賞ー誰が評価するのか。評価できるのか?

第2章 物理・化学・医学生理学賞ー発見と開発の熾烈
な競争
第3章 平和賞ー政治への影響とあやふやな理想

第4章 経済学賞ー批判が尽きない理由
第5章 ノーベル狂想曲と舞台裏

第6章 ノーベル賞の重み
エピローグ ノーベル賞が求める創造性とは

湯川と朝永の嫉妬と友情、川端受賞の陰にあった、谷崎や三島の名前、
繰り返される日本メディアの「ハルキ狂想曲」。
科学を愛し平和を希求した、偏屈者の発明家・ノーベルの命日、最高に権威ある賞が、物理、化学、医学、文学、経済、平和貢献で功績を挙げた人々や団体に授与される。
だが、賞の舞台裏は思いのほか取り散らかっている。
ノーベルが遺言した「人種・国籍を超えた人類への貢献」という理想とは裏腹に、国家や著名大学の名誉欲が交差し、政治利用も見え隠れする現実。
多くの関係者の証言を聞き、無数の資料をめくった記者たちの、ノーベル賞取材の集大成は目からウロコの情報が満載です。

<印象に残った一文>
「ノーベル賞の選考過程は、ノーベル財団の規定により、最低50年間は公開されない。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ノーベル賞の舞台裏 (ちくま新書) [ 共同通信ロンドン支局取材班 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13340

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年1月13日 18:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大人の語彙力が面白いほど身につく本<LEVEL2> (青春新書プレイブックス) [ 話題の達人倶楽部 ]」です。

次のブログ記事は「頭の決まりの壊し方 [ 小池 龍之介 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01