痴漢冤罪 [ 新堂冬樹 ]

電車という餌場を争う死闘の幕が上がった!

都内に事務所を構える弁護士の木塚は、魔性の女子高生桃香らとともに裏稼業に手を染めていた。
満員電車の車内で痴漢冤罪をでっち上げ、木塚が介入、何の罪もない男たちから示談金を搾り取るのだ。
順調に“加害者”を作り上げるある日、木塚が標的に選んだのは若手ナンバーワン俳優の松岡だった。
イメージ作りのために、事務所があえて舞台稽古に電車を使わせていたのだ。
映画やドラマ、コマーシャルに引っ張りだこの松岡からなら五千万円は引っ張れるはずーだが、罠に嵌めた松岡の事務所の社長・吉原は、闇社会との繋がりも囁かれる曰く付きの男だった…。
出会うはずのなかった二頭の凶獣が顔を合わせた時、電車という餌場を争う死闘の幕が上がった!
どんどん物語のなかに引き込まれていきます。
現実感のある話で、ぞっそしてしまいます。

<印象に残った一文>
「人間っていうのは先入観の生き物だ。人が最初に何を考えるかを見抜けば、真逆の考えを実行するだけで簡単に敵を出し抜ける。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 痴漢冤罪 [ 新堂冬樹 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13375

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年1月26日 06:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「超訳聖書 生きる知恵 エッセンシャル版」です。

次のブログ記事は「代理人(エージェント) 本城雅人/著」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01