なぜリーダーはウソをつくのか 国際政治で使われる5つの「戦略的なウソ」 (中公文庫) [ ジョン・J.ミアシャイマー ]

国際政治で使われる5つの「戦略的なウソ」 

目次は次のとおりです。

第1章 「ウソをつく」とはどういうことか
第2章 国際政治で使われるウソの種類
第3章 国家間のウソ

第4章 恐怖の煽動
第5章 戦略的隠蔽
第6章 ナショナリスト的な神話

第7章 リベラル的なウソ
第8章 国際政治で使われるウソの難点
第9章 結論

ビスマルク、ヒトラーから、ケネディ、ジョンソン、カーター、ブッシュまで。
国際政治で使われる戦略的なウソの種類を
「国家間のウソ」「恐怖の扇動」「戦略的隠蔽」「ナショナリスト的な神話」「リベラル的なウソ」の五つに分類、
世界史を騒がせた事件・戦争などの実例から、当事のリーダーたちの思惑と意図を分析、
さらに、そのリスクを論じる書です。
目からウロコの情報が満載です。

<印象に残った一文>
「他国や自国に対して国家のリーダーたちが嘘をつくのは、戦略的にも都合がいいからだ」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。
\

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: なぜリーダーはウソをつくのか 国際政治で使われる5つの「戦略的なウソ」 (中公文庫) [ ジョン・J.ミアシャイマー ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13423

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年2月16日 07:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大学病院の奈落 [ 高梨 ゆき子 ]」です。

次のブログ記事は「巨大倒産 「絶対潰れない会社」を潰した社長たち [ 有森隆 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01