生涯投資家 [ 村上 世彰 ]

お金儲けは悪いことですか?

目次は次のとおりです。

第1章 何のための上場か
第2章 投資家と経営者とコーポレート・ガバナンス
第3章 東京スタイルでプロキシーファイトに挑む

第4章 ニッポン放送とフジテレビ
第5章 阪神鉄道大再編計画
第6章 IT企業への投資ーベンチャーの経営者たち

第7章 日本の問題点ー投資家の視点から
第8章 日本への提言
第9章 失意からの十年

「お金儲けは悪いことですか?」
2006年6月、ニッポン放送株をめぐるインサイダー取引を行った容疑で逮捕され、
のちに執行猶予つき有罪判決を受けた村上ファンドの村上世彰氏。
逮捕間際に言ったその言葉が注目されました。
以後、表舞台から姿を消したが近年株式取引の世界に復帰。その動向が注目されています。
その村上氏の最初にして最後の著書であり、半生記であり、投資理念の解説書でもあります。
灘高ー東大法ー通産省を歩んだエリートがなぜ投資の世界に飛び込み、いったい何を試みたのか。
ニッポン放送、阪神鉄道、東京スタイルなどへの投資において、いったい何があったのか。
その投資哲学、日本企業、日本の経営者たちへの見方はどうなのか。
そして今後何をしようとしているのか。
村上ファンドを率いて日本に旋風を巻き起こした著者が、その実像と思いを自ら書き上げた話題作です。
目からウロコの情報が満載です。

<印象に残った一文>
「経営のルールであるコーポレート・ガバナンスを守らなければ企業は存続する観がない。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 生涯投資家 [ 村上 世彰 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13410

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年2月11日 05:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ユニクロ潜入一年 [ 横田 増生 ]」です。

次のブログ記事は「≪料理・グルメ≫ 食材3つで簡単ごちそう小鍋 / ワタナベマキ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01