しょせん幸せなんて、自己申告。 [ 綾小路きみまろ ]

きみまろ的人生論

目次は次のとおりです。

第1章 生き方ー不確かな人生を楽しむ
第2章 人の縁ーいつだって一瞬、一瞬がすべて
第3章 挫折と不安ー向かい風の中を歩くときの心得

第4章 家族ー愛と憎しみが紡ぐ小さな宇宙
第5章 健康と老いー美しく、正しく時を刻む

第6章 運と幸せー「おかげさま」の心が、幸運を呼び込む
第7章 人生の終い方ー他人と自分の間を漂うもの

売れない“潜伏期間30年”を経て、たどりついた「幸せのありか」。
はじめて明かす、最初で最後の「遺書的一冊」。
すべて書きつくした「きみまろ的人生論」は色々なヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「よくぞ這い上がった。同じ世代を生きた男として、あなたを誇りに思います。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: しょせん幸せなんて、自己申告。 [ 綾小路きみまろ ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13413

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年2月12日 04:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「≪料理・グルメ≫ 食材3つで簡単ごちそう小鍋 / ワタナベマキ」です。

次のブログ記事は「ペップトーク 心に響くコミュニケーション [ 岩崎由純 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01