再び男たちへ フツウであることに満足できなくなった男のための63章 (文春文庫) [ 塩野 七生 ]

フツウであることに満足できなくなった男のための63章

目次は次のとおりです。

清潔度ということ
人材について
容貌とは

混迷について
帰宅拒否症なる現象について
愛人考

開国か鎖国か
鎖国

続・鎖国
開国〔ほか〕

内憂外患の現代日本。
人材は枯渇したのか、
政治改革はなぜ成功しないのか、
いま求められる指導者とは?
外圧に惑い、世界で大きな役割を任されぬこの国の真の国際化を問う。
身近な話題から国際問題まで、豊かな歴史知識と鋭い批評が冴える警世の書、新装版です。
目からウロコの情報が満載です。

<印象に残った一文>
「装うとは、着る人間の個性にあったものであるべきである。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 再び男たちへ フツウであることに満足できなくなった男のための63章 (文春文庫) [ 塩野 七生 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13478

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年3月12日 17:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「血管を強くして突然死を防ぐ! (PHP文庫) [ 池谷敏郎 ]」です。

次のブログ記事は「「自分」を仕事にする生き方 [ はあちゅう ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01