ひよっこ社労士のヒナコ [ 水生 大海 ]

新米社労士が、6つの事件を解決

目次は次のとおりです。

五度目の春のヒヨコ
綿菓子とネクタイ
カナリアは唄う

飾りより、灯りより
空に星はなく
握りたい手は

社労士の朝倉雛子(26歳、恋人なし)が、会社のピンチを救います!
社労士とは、正式名称は「社会保険労務士」という国家資格者。
おおざっぱに言えば、会社の総務部のお手伝い。
採用から退職までの労働・社会保険に関する問題や、年金の相談に応じるなど、業務内容は多岐にわたります。
雛子は派遣社員として働いていたが、一念発起して社労士を目指し、三回目の試験で合格。
そんな新米社労士が、6つの事件を解決。
「使わなかった有給休暇分の給料をちょうだい」と要求する元社員。
「ネットに投稿した従業員を辞めさせたい」居酒屋チェーン店専務。
「育児休業なんてあり得ないから」と言いはなつIT企業創業社長。
年末調整のチェック作業が佳境のなか、幹部の重要書類が行方不明。
部下が自殺未遂したのに「バカにつける薬はない」と罵倒する上司。
「残業代が増えるのは困る」と苦悩するアパレルメーカー総務部長。
業界のことがよくわかります。
人事労務担当者には色々と参考になる点が多々あると思います。

<印象に残った一文>
「じゃ、次の目標は?」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ひよっこ社労士のヒナコ [ 水生 大海 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13463

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年3月 6日 09:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ゼロからいくらでも生み出せる! 起業1年目のお金の教科書【電子書籍】[ 今井孝 ]」です。

次のブログ記事は「企業ができる がん治療と就労の両立支援実務ガイド [ 遠藤源樹 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01