テヘランからきた男 西田厚聰と東芝壊滅【電子書籍】[ 児玉博 ]

西田厚聰と東芝壊滅 

“戦犯”と呼ばれた男が全告白。
イランで現地採用され、社長に成り上がるや、米原子力事業を6400億円で買った男は、いつ、どこで、何を、どう、間違え、東芝を “奈落の底”に突き落としたのか?
大宅賞作家が第15代東芝社長、西田厚聰の肉声を交えながら描いた企業崩壊ドキュメントです。
東芝の内情がみえてくる書です。

<印象に残った一文>
「一般社員はこれまでの3倍頭を使え、重役は10倍働く、私はそれ以上に働く。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: テヘランからきた男 西田厚聰と東芝壊滅【電子書籍】[ 児玉博 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13501

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年3月22日 05:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「こんなもの誰が買うの?」がブランドになる 共感から始まる顧客価値創造 [ 阪本 啓一 ]」です。

次のブログ記事は「人生にゆとりを生み出す知の整理術 [ pha ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01