「大発見」の思考法 iPS細胞vs.素粒子 (文春新書) [ 山中伸弥 ]

iPS細胞vs.素粒子

ノーベル賞物理学者益川氏とiPS細胞で全世界の注目を集める山中氏の知的刺激に満ちた対論。
世紀の発見、その時脳内で何が起きるか。
色々なヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「肯定のための否定の作業」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「大発見」の思考法 iPS細胞vs.素粒子 (文春新書) [ 山中伸弥 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13545

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年4月 7日 17:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「広岡イズム “名将”の考え方、育て方、生き方に学ぶ (ワニブックス〈PLUS〉新書) [ 広岡達朗 ]」です。

次のブログ記事は「人生の勝算 [ 前田裕二 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01