広岡イズム “名将”の考え方、育て方、生き方に学ぶ (ワニブックス〈PLUS〉新書) [ 広岡達朗 ]

“名将”の考え方、育て方、生き方に学ぶ 

目次は次のとおりです。

第1章 天命を生きるのか、宿命で終わるのか
第2章 指導者がすべきこと
第3章 「人を育てる」とは

第4章 「組織を育てる」とは
第5章 日本人が目指すべき姿
第6章 人生で本当に大事なこと

ヤクルトと西武の監督で日本シリーズに優勝、
セ・パ両リーグでの日本一を達成した“名将”広岡達朗氏が、
85歳になった今、野球人人生を通じて会得した思想と体験を一般の読者に伝えるために書き記した、
後世への“遺言”ともいうべき書が本書です。
「指導には信念を込めろ」
「How to do(こうやれ!)を教えろ」
「理論は超越しなければならない」ほか、
47の“広岡イズム”を凝縮。
スポーツ関係者にとどまらず、すべての指導者、教育者、管理職、経営者必読の一冊は、いろいろなヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「自分の念願や宿題がかなわない原因は外にあるのではない。みんなあなた達の命の中に与えられた心の思い方や、考え方の現れだ。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 広岡イズム “名将”の考え方、育て方、生き方に学ぶ (ワニブックス〈PLUS〉新書) [ 広岡達朗 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13544

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年4月 7日 09:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「それ自体が奇跡 [ 小野寺 史宜 ]」です。

次のブログ記事は「「大発見」の思考法 iPS細胞vs.素粒子 (文春新書) [ 山中伸弥 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01