60歳からヘタれない生き方 人は裸で生まれ、裸で死んでいく [ 有馬□底 ]

人は裸で生まれ、裸で死んでいく

目次は次の通りです。

第1章 行動することで逆境を乗り越える
(向き合い方を変えればつらい状況も楽になる/両親の離婚で訪れた逆境。天皇陛下の学友から寺の小僧へ ほか)

第2章 主人公として生きれば幸せになれる
(「おーい、主人公。しっかりやってるか?」/自由とは自らに由ること。主人公でないと自由になれない ほか)

第3章 煩悩を捨てる勇気を持てば楽になれる
(苦しかったり、悩んだりするのは心が何かにとらわれているから/「自分が一番エラい」と思っていませんか? ほか)

第4章 一日一日を丁寧に暮らす生き方
(質素な食事が無上の食事に変わる/特別なことは必要ない。日々の暮らしをつつがなく ほか)

金閣寺・銀閣寺の住職が説く、禅の行動論。考え過ぎるな。
臆病になるな。人は、本来無一物。
いろいろな気づきを与えてくれます。

<印象に残った一文>
 「心は万境に従って転ずる。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 60歳からヘタれない生き方 人は裸で生まれ、裸で死んでいく [ 有馬□底 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13595

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年4月24日 12:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「片岡球子の言葉 精進ひとすじ (生きる言葉シリーズ) [ 片岡球子 ]」です。

次のブログ記事は「成田屋のおくりもの [ 堀越希実子 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01