凶獣 [ 石原慎太郎 ]

宅間の実像に迫る戦慄の記録

目次は次のとおりです。

第1章 事件
第2章 公判
第3章 奇行

第4章 結婚
第5章 発端
第6章 長谷川臨床心理士取材インタビュー

第7章 心奥
第8章 戸谷弁護士取材インタビュー
第9章 不条理

2001年6月8日、未曽有の事件は起こった。
大阪府池田市の小学校に刃物を持って侵入した宅間守は逃げまどう小学1年生と2年生の児童8名を殺害、
15名に重軽傷を負わせた。
初公判の日、入廷してきた宅間は三度口笛を吹いたという。
なぜ彼は事件を起こしたのか?
綿密な取材とインタビューで宅間の実像に迫る戦慄の記録です。
事件の真相が少しみえてくる書です。

<印象に残った一文>
「自らの将来を自らで規定しきれぬ人間の人生には所詮人間当人の意思は及びきれぬ。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 凶獣 [ 石原慎太郎 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13534

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年4月 3日 12:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「受かる面接、落ちる面接 人事経験者だけが知る採用と不採用の境界線 [ 兵頭秀一 」です。

次のブログ記事は「死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい [ 小林弘幸(小児外科学) ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01