それ自体が奇跡 [ 小野寺 史宜 ]

夢を諦めないすべての男女に贈る夫婦の物語

目次は次の通りです。

「逃走の三月」
「反感の四月」
「奔走の五月」

「共感の六月」
「暴走の七月」
「直感の八月」

「迷走の九月」
「痛感の十月」

「並走の十一月」
「交感の十二月」

30歳、結婚3年め、共働き。
夫は本気で夢を追い始め、妻は違う男に惹かれ始めた。
会社のサッカー部が廃部になりくすぶっていた貢は、
大学の先輩から「カピターレ東京」で東京23区初のJリーグ入りを共に目指そうと熱心に勧誘される。
報酬ゼロなのに本気のサッカーへの誘いに心を動かされた貢は、「やります」と即答していた。
高卒で百貨店に入社して13年め、そろそろ子どもがほしいと考えていた綾は、
夫の突然の宣言に異を唱える。
特にイヤだったのは、相談ではなく事後報告だったことだ。
そんなときに知り合った客の天野と、二人で映画に行くことに…。
初めて訪れた危機を、田口夫妻は乗り越えられるのか!?
夢を諦めないすべての男女に贈る夫婦の物語!
色々な気づきを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「結婚は、それ自体が奇跡だと思います。人が人を認める。紙切れ一枚で他の誰よりも好きだと公的に表明する。表明してもらえる。それは人として大きな自信になります。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: それ自体が奇跡 [ 小野寺 史宜 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13543

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年4月 7日 05:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハーバード日本史教室 (中公新書ラクレ) [ 佐藤 智恵 ]」です。

次のブログ記事は「広岡イズム “名将”の考え方、育て方、生き方に学ぶ (ワニブックス〈PLUS〉新書) [ 広岡達朗 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01