片岡球子の言葉 精進ひとすじ (生きる言葉シリーズ) [ 片岡球子 ]

ダイナミックで温かい、魂の言葉

目次は次の通りです。

1 精進
2 祈り
3 自然

4 一途
5 面構
日本画ひとすじー対談(片岡球子×瀬戸内晴美(寂聴))

「落選の神様」と言われても諦めず、精進しつづけ花開いた、求道の日本画家・片岡球子。
103歳の長き生涯を一心に歩んだ女の、ダイナミックで温かい、魂の言葉!
色々な気づきを与えてくれます。



<印象に残った一文>
「てっぺんばかり見ているんじゃなくて、足元を見ていなければ絶対ダメ、頂上は極められない」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 片岡球子の言葉 精進ひとすじ (生きる言葉シリーズ) [ 片岡球子 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13594

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年4月24日 09:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なぜオックスフォードが世界一の大学なのか [ コリン・ジョイス ]」です。

次のブログ記事は「60歳からヘタれない生き方 人は裸で生まれ、裸で死んでいく [ 有馬□底 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01