「わかってもらいたい」という病 (廣済堂新書) [ 香山リカ ]

人一倍傷つきやすい人たちの心に寄り添い、迷路の出口を指し示す心理アドバイス

目次は次の通りです。

第1章 SNSでわかってもらえない
第2章 女どうしなのにわかってもらえない
第3章 パートナーや恋人にわかってもらえな

第4章 まるごとわかってもらいたい
第5章 わかってもらいたい願望の落とし件

第6章 わかってもらえるとはどういうことか
第7章 自分で自分がわからない人たち

「わかってほしい」は人間にとって当然の欲求である。
しかし、気持ちを伝えても「わかってもらえない」ことが少なくない。
それはなぜなのだろうか。
そして、やり場のない気持ちはどうすればよいのだろうか。その解消法を間違えば、
座間死体遺棄事件のような凶悪犯罪に巻き込まれる危険性すらあると、著者は警鐘を鳴らす。
人一倍傷つきやすい人たちの心に寄り添い、迷路の出口を指し示す心理アドバイス書です。
色々な気づきを与えてくれます。


<印象に残った一文>
「自分のことをわかってもらうのは無理」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「わかってもらいたい」という病 (廣済堂新書) [ 香山リカ ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13599

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年4月26日 06:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「成田屋のおくりもの [ 堀越希実子 ]」です。

次のブログ記事は「考える力がつく本 本、新聞、ネットの読み方、情報整理の「超」入門 (小学館文庫 プレジデントセレクト) [ 池上 彰 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01