人間とはなにか 上 脳が明かす「人間らしさ」の起源 (ちくま学芸文庫) [ マイケル・S・ガザニガ ]

脳が明かす「人間らしさ」の起源

目次は次の通りです。

第1部 人間らしさを探究する
(人間の脳はユニークか?/デートの相手にチンパンジー?)

第2部 ともに生き抜くために
(脳と社会と嘘/内なる道徳の羅針盤/他人の情動を感じる)

人間はほかの動物といったい何が違うのか。
「人間らしさ」は、いつ、どのようにして芽生えたのか。
この永遠の謎に、右脳/左脳や分離脳の研究などで知られる認知神経科学者マイケル・S・ガザニガが挑む。
人類の進化の過程は、類人猿がいくつかの初期人類を経てホモ・サピエンスへと至る図によって、しばしば説明される。
だが、人間が誕生したそのとき、ある決定的な位相変化が生じたはずだと著者は主張する。
その変化とははたして何か。
そのとき、脳には何が起こったのかー。
上巻では、脳の構造から見た人間と動物との相違を概観したのち、
社会性、倫理、情動といった人間の諸特性が検討される。
目からウロコの情報が満載です。

<印象に残った一文>
「こうした願望のために人間はもう「賢いヒト」と呼べなくなることころまで、自らの染色体を操作してしまうのか。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 人間とはなにか 上 脳が明かす「人間らしさ」の起源 (ちくま学芸文庫) [ マイケル・S・ガザニガ ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13645

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年5月 7日 12:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一冊でつかむ日本史 (河出文庫) [ 武光 誠 ]」です。

次のブログ記事は「人間とはなにか 下 脳が明かす「人間らしさ」の起源 (ちくま学芸文庫) [ マイケル・S・ガザニガ ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01