人間とはなにか 下 脳が明かす「人間らしさ」の起源 (ちくま学芸文庫) [ マイケル・S・ガザニガ ]

脳が明かす「人間らしさ」の起源

目次は次の通りです。

第3部 人間であることの栄光
(芸術の本能/誰もが二元論者のように振る舞う/意識はどのように生まれるか?)

第4部 現在の制約を超えて(肉体など必要か?)

私たち人間の本質とその起源について、現代科学はどこまで明らかにすることができたのか。
脳神経科学のみならず、遺伝学、実験心理学、動物行動学など幅広い学問領域の最先端の研究成果を武器に、
その根源に迫るスリリングな試み。
下巻では、芸術の誕生や意識の発生について検討し、
人間と動物の本質的な相違について総括します。
さらに、サイボーグ化、人工知能や遺伝子操作といった人類の未来についても、
認知神経科学者ならではの鋭い洞察が展開されます。
スティーブン・ピンカー、V.S.ラマチャンドランらが激賞した、脳科学研究のトップランナー、ガザニガの集大成とも言うべき圧巻の大著です。
目からウロコの情報が満載です。

<印象に残った一文>
「私たちは入り組んだ動作を随意に模倣できるが、これは他の霊長類にはない能力だ。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 人間とはなにか 下 脳が明かす「人間らしさ」の起源 (ちくま学芸文庫) [ マイケル・S・ガザニガ ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13646

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年5月 7日 18:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人間とはなにか 上 脳が明かす「人間らしさ」の起源 (ちくま学芸文庫) [ マイケル・S・ガザニガ ]」です。

次のブログ記事は「OKがもらえる資料作成のツボとコツがゼッタイにわかる本 [ 奥秋 和歌子 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01