一冊でつかむ日本史 (河出文庫) [ 武光 誠 ]

歴史哲学の手法を通して、より深く日本史を学びなおす

目次は次の通りです。

序章 歴史哲学によって文明の形を知る
第1章 原始・古代の日本
第2章 中世の日本

第3章 近世の日本
第4章 近代・現代の日本
第5章 世界地図のなかの日本

第6章 東アジア世界のなかの日本
第7章 世界史のなかの日本
終章 歴史哲学の今後の役割

何のために日本史を学ぶのか?
それは、あるべき未来をさぐる手がかりをつかむためである。
石器時代から現代までの重要ポイントを押さえながら、
各時代ごとの“文明のかたち”をつかみ、大きな流れをとらえるー。
歴史哲学の手法を通して、より深く日本史を学びなおす書です。
色々な気づきを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「自分のなかに良い心と悪い心とがあることを知った上で、それに折り合いをつけて良い行為ができる」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 一冊でつかむ日本史 (河出文庫) [ 武光 誠 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13644

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年5月 7日 08:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「裁量労働制はなぜ危険か 「働き方改革」の闇 (岩波ブックレット) [ 今野晴貴 ]」です。

次のブログ記事は「人間とはなにか 上 脳が明かす「人間らしさ」の起源 (ちくま学芸文庫) [ マイケル・S・ガザニガ ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01