敗れども負けず [ 武内 涼 ]

敗れた武将たちに芽生える不屈の闘志を描く人間賛歌

目次は次の通りです。

管領の馬
越後の女傑
沖田畷
春王と安王
もう一人の源氏

この清々しいまでに惨めな負け様を見よ! 
どん底から立ち上がる敗戦の将たちを描く時代連作。
奸臣を侍らせ、女色に耽っていた関東管領・上杉憲政は、最愛の息子を討たれ、城を追われる。
すべてを失った男が、難民となった領民たちと共に見た景色とはーー
使命に目覚める者、伴侶を見つけた者、負けることでしか望みを叶えられなかった者。
時代小説界の新鋭が、敗れた武将たちに芽生える不屈の闘志を描く人間賛歌は、色々な気づきを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「国を滅ぼす対象に4つの典型がある。第1番馬鹿な大将、第2番利口過ぎる大将、第3番臆病な大将、第4番強すぎる大将」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 敗れども負けず [ 武内 涼 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13697

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年5月22日 09:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本の難題 長谷川慶太郎の大局を読む 緊急版 [ 長谷川慶太郎 ]」です。

次のブログ記事は「集中力はいらない (SB新書) [ 森 博嗣 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01