諸手当管理の教科書 現状をとらえあるべき姿へ改革を進めるために (労政時報選書) [ 労務行政研究所 ]

現状をとらえあるべき姿へ改革を進めるために 

目次は次の通りです。

第1章 諸手当管理の基本的考え方
第2章 諸手当管理をめぐる法律上の留意点
第3章 諸手当管理をめぐる法律実務Q&A

第4章 種類別に見た諸手当の支給状況と水準の実態
第5章 諸手当の見直し・統廃合を行う際の考え方・手順と留意点
第6章 これからの諸手当管理の在り方を考える

各種手当の性質や実務上留意すべき法的ポイント、
手当統廃合の進め方などを分かりやすく解説するとともに、
制度検証に役立つ豊富なデータを提供します。
世間動向をとらえ、これからの在り方を考える書です。
色々なヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「賃金制度は、企業が従業員のどのような貢献に報いるのかというメッセージを伝える機能を担います。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 諸手当管理の教科書 現状をとらえあるべき姿へ改革を進めるために (労政時報選書) [ 労務行政研究所 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13726

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年5月31日 09:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「教養としての中国古典 [ 湯浅 邦弘 ]」です。

次のブログ記事は「定年後の知的生産術 (ちくま新書) [ 谷岡 一郎 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01