私の財産告白 (実業之日本社文庫) [ 本多静六

時代を超えて響く普遍の真理

目次は次のとおりです。

私の財産告白
(貧乏征伐と本多式貯金法/金の貯め方・殖やし方/最も難しい財産の処分法/金と世渡り/これからの投資鉄則)

私の体験社会学
(儲かるとき・儲からぬとき/儲ける人・儲けさせる人/人間的サラリーマン訓/人を使うには・人に使われるには/平凡人の成功法)

貧農に生まれながら苦学して東大教授になり、
「月給4分の1天引き貯金」を元手に投資して巨万の富を築いた男、本多静六。
全財産を寄付して働学併進の簡素生活を実践した最晩年に語った、時代を超えて響く普遍の真理は色々なヒントが詰まっています。

<印象残った一文>
 「平凡人はいついかなる場合も本業第一たるべきこと。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 私の財産告白 (実業之日本社文庫) [ 本多静六

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13823

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年7月13日 05:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「高校球児に伝えたい!配球学・リード術 [ 野村克也 ]」です。

次のブログ記事は「政府に尋問の筋これあり 西郷隆盛の誤算 [ 鈴木荘一 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01