高学歴モンスター 一流大学卒の迷惑な人たち (小学館新書) [ 片田 珠美 ]

一流大学卒の迷惑な人たち 

目次は次のとおりです。

第1章 高学歴なのにつまずく人の事件簿
(強い特権意識/想像力と共感の欠如 ほか)

第2章 一流大学卒で迷惑な人の身近な事例
(女性患者に手を出す男性医師/自分の専門分野へのこだわり ほか)

第3章 「無自覚型」のナルシシスト
(「無自覚型」のナルシシストの特徴/なぜ無自覚なのか? ほか)

第4章 自己愛過剰社会
(トランプ大統領は自己愛過剰社会の象徴/自尊心の罠 ほか)

第5章 処方箋ー高学歴モンスターから身を守るために
(「無自覚型」のナルシシストの性格傾向/平気で嘘をつく ほか)

秘書に数々の暴言を吐いて話題となった東大卒・官僚出身の代議士、
経営する企業の金を賭博につぎ込んで逮捕されたぼんぼん経営者といった有名なケースに限らず、
高学歴で輝かしい経歴の持ち主が、暴言を吐いたり、
周囲を振り回したりするケースが後を絶たない。
しかも、迷惑をかけている自覚がない。
どうして彼らはこのような行動を起こしてしまうのか。
気鋭の精神科医が、「無自覚型」の高学歴モンスターの精神構造を分析し、対処法を解説する書です。
いろいろな気づきを与えてくれます。

<印象残った一文>
「トランプ大統領は、自己愛過剰社会の象徴」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 高学歴モンスター 一流大学卒の迷惑な人たち (小学館新書) [ 片田 珠美 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13836

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年7月18日 05:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「検証 検察庁の近現代史 [ 倉山満 ]」です。

次のブログ記事は「「あなたに会うと元気になる」といわれる人 (WIDE SHINSHO) [ 斎藤茂太 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01