勝海舟 歴史を動かす交渉力 [ 山岡 淳一郎 ]

歴史を動かす交渉力

目次は次のとおりです。

序章 濱御殿の焚火
第1章 砲艦外交
第2章 咸臨丸で海を渡る
第3章 薩長同盟へ
第4章 江戸開城の大交渉
第5章 非戦を貫く

日本史の大転換点において、
「私」ではなく「公」を貫き、時代の大局を見据えて歴史の歯車を動かした男・勝海舟。
ペリーの黒船が来航し、驚天動地の騒ぎのさなか、
蘭学者・兵学者の勝は冷静に先を見通した。
動乱のなかに国家統一の構想を固め、自らの使命を求めて動く。
有力な幕臣となった勝は、複雑で重い運命を背負い、
薩摩の西郷隆盛との大交渉劇「江戸開城」を演じる。
江戸は焼かれず、近代国家の首都、東京に継承された。
そして、明治維新へ。勝は、新政府の高官を辞し、
政治の表舞台を去っても、日清戦争、十九世紀末まで、対話者の背後に流れる時勢と向き合い続けた。
目からウロコの情報が満載です。

<印象残った一文>
「お前の刀は抜くと天井につかえるぞ」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 勝海舟 歴史を動かす交渉力 [ 山岡 淳一郎 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13865

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年7月27日 07:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「偽りの自分”からの脱出 [ 梯谷幸司 ]」です。

次のブログ記事は「世界一わかりやすい「差別化ブログ」起業術 [ 仙道達也 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01