渡部昇一の世界史最終講義 [ 渡部昇一 ]

朝日新聞が教えない歴史の真実

目次は次のとおりです。

序章 なぜ、世界史対談か
第1章 安倍政権の世界史的使命
第2章 崩壊する「米国製の嘘」

第3章 驚くべき日本の潜在力
第4章 最大の戦後レジーム・朝日新聞のメディア専制

第5章 戦後世界の大転換
終章 迷走して行き場を失う「敗戦利得者」

朝日新聞が教えない歴史の真実。
世界史の中の日本近代史・大東亜戦争の意味を論じた決定版!
「知の巨人」の一周忌に、名物コラムニストとの未発表対談を追悼出版です。
目からうろこの情報が満載です。

<印象残った一文>
「米国の歴史を見れば、新聞が常に政権と結びついてきたことがわかる。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 渡部昇一の世界史最終講義 [ 渡部昇一 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13889

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年8月 4日 05:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「経済で読み解く豊臣秀吉 [ 上念司 ]」です。

次のブログ記事は「これでも「アベ」と心中しますか? 国民の9割を不幸にする安倍政治の落第通信簿 (廣済堂新書) [ 浜矩子 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01