昭和プロ野球の裏側 友情と歓喜のドラマの裏に何があったのか? (廣済堂新書) [ 衣笠祥雄 ]

友情と歓喜のドラマの裏に何があったのか?

目次は次のとおりです。

序章 歓喜の抱擁ー衣笠・江夏から黒田・新井へ
(黒田と新井の抱擁/優勝するチームに必要なベテランの力 ほか)

第1章 俺たちの昭和プロ野球ーあの人、あの時代に俺たちは育てられた
(車だけが話相手だった、衣笠祥雄の入団2年目/ユニフォームか、免許証か ほか)

第2章 「江夏の21球」の裏側ー主役と名脇役が初めて語り合う、昭和プロ野球の名場面
(「優勝する」とだけ言って消えたルーツ監督/1勝もできなかった日本シリーズ ほか)

第3章 昭和プロ野球は職人の世界だった!-そこには育てる思想、技術の伝達があった!
(キャッチャーを傷つけない/なぜ配球サインが始まったのか ほか)

第4章 優勝の味、優勝の意味ー優勝して初めて分かることがある
(カープ史上最強の2年間/全員が光輝いていたあの時 ほか)

「江夏の21球」の主役と名脇役が、38年を経て初めて語り合う「あの時」。
赤ヘル旋風、江夏が語る阪神時代の事件など、あの時代の個性溢れるエピソードも満載です。
目から鱗の情報が満載です。

<印象残った一文>
「頑張ってきた人間しかスランプにななれないんです」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 昭和プロ野球の裏側 友情と歓喜のドラマの裏に何があったのか? (廣済堂新書) [ 衣笠祥雄 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13929

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年8月17日 09:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「かかわると面倒くさい人 (日経プレミアシリーズ) [ 榎本 博明 ]」です。

次のブログ記事は「オリンピック恐慌 (幻冬舎新書) [ 岸博幸 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01