好き嫌いー行動科学最大の謎ー [ トム・ヴァンダービルト ]

行動科学最大の謎

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

好き嫌いー行動科学最大の謎ー [ トム・ヴァンダービルト ]
価格:2268円(税込、送料無料) (2018/8/24時点)


目次は次の通りです。

第1章 何を召し上がりますかー食べものの好みについて考える

第2章 誤りは私たちの星評価にあるのではなく、私たち自身にあるーネットワーク時代における好み

第3章 好みは予想できるのかーあなたのプレイリストがあなたについて語ること(そしてあなたがあなたのプレイリストについて語ること)

第4章 なぜこれが好きだとわかるのかー芸術の陶酔と不安

第5章 なぜ(そしてどのように)好みは変わるのか

第6章 猫と土とビールー専門家はよいものをよいとどうやって判断するのか

人の好き嫌いは説明できない、というのが常識だ。
しかしビッグデータ、IoTの時代、企業が的確に顧客の好みを見ぬいていると、私たちはうすうす勘づいてもいる。
本書の著者は心理学から哲学、社会学、生物学、行動経済学までを取材し、さらに人がものを選び選ばせる現場への潜入をも敢行する。
ネットフリックス、イェルプ、スポティファイーそうした媒体で用いられる手管を知ることで見えてくる意外な真実とは?
人間の「好き嫌い」を左右する原則を解剖し、その底知れない面白さを説く。
ビジネスの場から日常で迷ったときまで幅広い役に立つ、現代人必読の書は目からうろこの情報が満載です。

<印象に残った一文>
「私たちは目に入るものが好きになり、好きなものが目に入る」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 好き嫌いー行動科学最大の謎ー [ トム・ヴァンダービルト ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13954

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年8月26日 06:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自分でできる少額訴訟ハンドブック 事例にみる実務と実践 [ 裁判ウォッチング市民の会 ]」です。

次のブログ記事は「10分でわかる得する年金のもらい方新版 [ 田中章二 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01