小保方晴子日記 (単行本) [ 小保方 晴子 ]

『婦人公論』好評連載に大幅加筆

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小保方晴子日記 (単行本) [ 小保方 晴子 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/8/25時点)


目次は次の通りです。

とにかくどこかへー2014年12月・15年1月
無間地獄ー2015年2月
行き場のない怒りー2015年3月

入院ー2015年4月
告発状ー2015年5月
壊れた記憶ー2015年6月

屈辱の振り込みー2015年7月
博士論文不合格通知ー2015年8月

手記の執筆ー2015年9月
学位の取り消しー2015年10月〔ほか〕

STAP細胞騒動で理研を退職してからの650日間。
精神科入院、博士号剥奪、手記の執筆……
死の淵をさまよった、孤独な闘いの記録。
一般報道では知ることのできない内容です。

<印象に残った一文>
「弱った時に親切にしてくれる人が本当に親切な人です。いい時に集まってきた人は、状況が変わると逃げていく。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 小保方晴子日記 (単行本) [ 小保方 晴子 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/14066

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年9月26日 18:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マネージャーの問題地図 「で、どこから変える?」あれもこれもで、てんやわん [ 沢渡あまね ]」です。

次のブログ記事は「まずは、あなたのコップを満たしましょう [ 玉置妙憂 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01