ある世捨て人の物語 誰にも知られず森で27年間暮らした男 [ マイケル・フィンケル ]

誰にも知られず森で27年間暮らした男


孤独は究極の幸せだ!
現代社会のしがらみをすべて捨てて、森で一人で生きていたい…。
人間にとっての孤独や自由、幸福とはなにかを考える。
いろいろな気付きを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「完全に一人きりの時間が続くと、精神に異常をきたす可能性が高くなる。」


私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ある世捨て人の物語 誰にも知られず森で27年間暮らした男 [ マイケル・フィンケル ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/14096

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年10月 7日 08:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ものがたり 現代労働運動史1 1989〜1993 世界と日本の激動の中で [ 高木 郁朗 ]」です。

次のブログ記事は「顔に魅せられた人生 特殊メイクから現代アートへ [ 辻一弘 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01