サバイバルボディー 人類の失われた身体能力を取り戻す [ スコット・カーニー ]

人類の失われた身体能力を取り戻す


目次は次の通りです。

クラゲに寄せて
アイスマン来たる
進化のごみ箱をあさる

不可能を計測する
くさび
ビブナンバー2182

クラッシュの秘訣
手榴弾で蚊をたたく

雨が降っている
パーキンソン病、骨折、関節炎、クローン病〔ほか〕

寒くて快適!
中年に差しかかり、膨らむ一方のウエスト周りを気にしつつ運動不足解消にあまり積極的ではなかったジャーナリストが、
呼吸法と寒冷刺激によって人間の眠っている身体能力を引き出すトレーニング法を編み出したという、
「アイスマン」ことヴィム・ホフのトレーニング・プログラムに参加した。
当初は、このいかにも怪しげなホフの正体を暴いてやろうと意気込んでいたのだが……。
著者のスコット・カーニーは、以来4年にわたって世界各地に足を運び、文字どおり体を張った取材を敢行。
ヴィム・ホフ・メソッドに一定の効果があることを身をもって体験し、
さらに、ホフの呼吸法を取り入れているという著名なサーファー、
レアード・ハミルトンや、高強度インターバルを提唱しているブライアン・マッケンジーから学んだのち、キリマンジャロ登頂に挑む。
しかも、短パン姿で。
過酷な環境にわが身をさらし、ついに「凍えぬ体」を獲得したジャーナリストが、
最新の医学研究や自然人類学の知見のほか、トップアスリートのトレーニング法、
エクストリーム・スポーツの現状を紹介しながら「潜在的な身体能力を引き出す方法」の一部始終を明かした体当たりサイエンス・ノンフィクションです。
目からうろこの情報が満載です。

<印象に残った一文>
「痩せる細胞として近年にわかに注目を浴びてる褐色細胞組織(BAT)」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: サバイバルボディー 人類の失われた身体能力を取り戻す [ スコット・カーニー ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/14110

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年10月12日 05:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「宇宙の真実 地図でたどる時空の旅 (日経BPムック ナショナルジオグラフィック別冊)」です。

次のブログ記事は「嘘に支配される日本 [ 中野晃一 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01