崩れる政治を立て直す 21世紀の日本行政改革論 (講談社現代新書) [ 牧原 出 ]

21世紀の日本行政改革論


目次は次の通りです。

第1章 変わる改革、動く制度ー政と官の関係を問い直す
第2章 行き詰まる第二次以降の安倍晋三政権ー今何が動き、何が動かなくなっているのか
第3章 自民党長期政権と自らを動かす官僚制

第4章 小泉純一郎政権以後の自民党と官僚制ー官邸主導による新しい政権のあり方
第5章 民主党政権の混乱から学ぶこと
第6章 政権交代後の官僚制を立て直すには?

安倍晋三政権に不利な情報が記載されている公文書の廃棄、官邸に居座る官僚の専横など、政治と行政の崩落は国民を失意のどん底に陥れています。
一部の政治家や官僚の首をすげ替えても、事態は好転しそうもありません。
政と官の制度設計は事前に考えられたものか、制度作動は順調かの原則論に基づきつつ、
戦後の歴代首相の政治手腕とその成果、小泉純一郎政権の成功、民主党政権の失敗から、
現安倍政権の政治主導、行政崩壊の核心に迫る書です。
一般報道では知ることのできない内容です。

<印象に残った一文>
「透明性は今後の政治においてどうしても必要である。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 崩れる政治を立て直す 21世紀の日本行政改革論 (講談社現代新書) [ 牧原 出 ]

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/14163

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年11月 4日 05:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新版 アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書 [ 小川正人 ]」です。

次のブログ記事は「人間 黒澤明の真実 その創造の秘密 [ 都築 政昭 ]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01