高畑淳子さんがご子息の事件についての謝罪会見をひらいていて
高1の娘が出掛けに興味深く観ていました。

娘に話したのは、
自分で責任を取れないことはやらないこと。
娘の年頃の子は、親はうるさいというようなことをよく言うけれど
子供がなにか事を起こしたら、フォローをするのは親なのだから
親に対して偉そうなことは言わないこと、等々を話しました。

女手一つでお子さんを育てた高畑淳子さんの苦労は
同じく男手一つで娘を育てている私にはよくわかりますし
子に対する思いも理解できます。

それでも、“親の心子知らず”の言葉通り、立場が違う以上、
子どもにはその気持は理解できないと思います・

なんともやるせないものですが、
今回の事件をきっかけに、高畑淳子さん親子や私たち親子を含め
色々な親子が学んでくれるといいな~と思います。

(今日のひと言)
親子関係を振り返ってみよう!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 親子

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/11866

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2016年8月26日 08:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「人間って・・・」です。

次のブログ記事は「責任のとり方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01