新型コロナウイルスの経済対策の持続化給付金を不適切に受け取る事例が相次いでいる問題で、
経済産業省は、返還の申し出が6千件以上あったと発表しました。
不正受給による逮捕報道を受けて申し出が急増しているとのことです。

こういった報道を耳にすると、ある程度の抑止力は欠かせないのだと感じます。
性善説は大切ですが、ある程度の性悪説の抑止力も必要
要は表裏によるバランスが大切です。

今一度肝に銘じます!

<今日の一言>
表裏によるバランス!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

企業が従業員に支払う休業手当の一部を国が補う「雇用調整助成金」の上限を引き上げた特例措置について、
政府・与党が期限の12月末以降も継続し、
必要な財源を令和2年度第3次補正予算案に盛り込む方針を固めたようです。

弊所のクライアントも恩恵を受けている会社が多く
現在の環境を考えれば妥当な措置かと思います。

援助措置がある間に
しっかりとした改善策を講じることが大切です。

"チャンスの神様には前髪しかない"
チャンスは一度きりなので、
迷うことなくしっかりとつかむことが大切です!

<今日の一言>
チャンスの神様には前髪しかない!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

旅行大手のJTBは、従来なら転勤が必要だった異動が発令されても、
単身赴任せず自宅に住み続けたまま
テレワークで仕事ができる制度を10月に導入したと発表しました。
新型コロナウイルス感染症の流行を受けた社会の変化に対応し、
社員の働きやすさを向上させる狙いです。
この制度を利用できるかどうかは、希望する社員の業務によって会社が判断します。
単身赴任中でも自宅に戻ることができるほか、
結婚で配偶者の居住地へ引っ越す社員が、
現在の職場に籍を残しながら働き続けることが可能になるとのことです。

まさに働き方改革!
新型コロナウイルス問題はいろいろな面で影響を与えていますが、
"ピンチをチャンスに変える"
のは、当事者の意識次第です。

今一度肝に銘じます!

<今日の一言>
ピンチをチャンスに変える!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

ANAホールディングスが事業構造改革で示した社員のグループ外企業への出向には、
新型コロナウイルス収束後を見据え、
雇用を最大限維持する狙いがあります。
出向の対象となる社員について現在は仕事がない状態で給与を支払っているものの、
今後は出向先から労働の対価がANAHD側に支払われることになり、
雇用を維持する負担が軽減されます。

一時的な人員削減よりも
長期的な人員計画は本来あるべき姿だと思います。

今後各社で同様の人員計画がとられることを願います。

<今日の一言>
長期的な人員計画!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

菅義偉首相が温室効果ガス排出量を
2050年までに実質ゼロとする目標を宣言しました。

温暖化対策のリード国としての活躍を期待しています。

"環境との共生"
大切なテーマだと個人的に感じています。

<今日の一言>
環境との共生!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

ANAホールディングスが発表する事業構造改革では、
航空事業以外の収益力強化策を盛り込むが、
航空事業一本足からの脱却を目指して新規事業を推進する航空会社は、
ANAHDだけではなく、
新型コロナウイルス禍で本業の航空事業が滞る中、
日本航空も小型無人航空機(ドローン)など最新技術を活用する地域サービスを新たな収益源の柱に掲げます。
世界各国の航空会社も、シンガポール航空が超大型機をレストランとして活用するなど、
非航空事業を模索し始めています。

環境が激しく変化している下
企業も変化を求められています。

環境分析とともに自己分析の上での変革が大切です!

<今日の一言>
変革!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

ANAホールディングス系の中堅航空会社スターフライヤーが、
増資を含む資本増強策を検討しているようです。
新型コロナウイルスの影響が長引いて経営が悪化していることを受け、
財務基盤を強化する狙いのようです。

厳しい状況下でどのような選択肢をとるのか?
各企業の戦略能力が問われます。

これは個人においても同様で
どんな選択肢をとるのかで将来の状況が変わってきます。

<今日の一言>
選択肢!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

総務省の有識者会議は、
携帯電話会社を変更する際に電話番号をそのまま移行する番号継続制度(MNP)について、
手数料を原則無料とする改革案を正式にまとめたようです。

利用者にとっては嬉しい知らせですが
携帯電話会社にとっては
利用者離れを防ぐ施策を講じることが急務となります。

現象には必ず両面があり
この両面から考えることが大切です。

今一度肝に銘じます!

<今日の一言>
現象には両面ある!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

国内市場の成長が伸び悩んでいる上、
新型コロナウイルス感染拡大による生活様式の変化で、
コンビニ各社はビジネスモデルの転換を迫られています。
ファミマと伊藤忠は、親会社と子会社がともに上場する
「親子上場」を解消して経営判断を迅速化し、収益改善を目指す模様です。 

一時期は上場の動きがもてはやされましたが
非上場も選択肢の一つ
その企業にあった形の選択肢が重要な企業戦略になってきます。

<今日の一言>
自社に合った選択!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

メッシがCLで16シーズン連続ゴールゲットし、
大会史上初の記録を達成しています。

本当に素晴らしい記録です。
16シーズン連続でCLに出ることも素晴らしければ
ゴールをゲットすることはさらに素晴らしい!

メッシ一人だけでは達成できない記録で
チームと個の見事な調和の賜物だと思います。

組織の目指すべき方向性だと思います。

<今日の一言>
チームと個の和!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

Photos

  • 20160917レオ三郷文化会館衣装替え.jpg
  • 20160917レオ三郷文化会館.jpg
  • 20160917レオ三郷文化会館会場.jpg

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1