小林麻央さんの逝去におもうこと


闘病中だった小林麻央さんが逝去されました。
小さなお子様二人を残しての旅立ちは残念でなりません。

私自身、4年前に妻を脳腫瘍で亡くし、
小6の娘を一人で育てていく状況に置かれた際のことを思い起こすと
記者会見をしている海老蔵さんには本当に頭が下がります。
マスコミも仕事ではあるのですが
しばらくはそっとしてあげていて欲しいと思います。

麻央さんが息を引き取る際に海老蔵さんに「愛している」と言われたそうですが
私の妻も息を引き取る前日の別れ際に
涙を浮かべていたことを覚えています。
おそらくは麻央さんも妻も自分が息を引き取るのがわかっていたのだと思います。

この世に100%ということは原則ないのだけれど
唯一の例外として「人は必ず息を引き取る」
しかも、それが早いか遅いかは自殺を除いては
自分ではコントロールできないのです。

こういったことを考えると
人は生きているのではなく
生かされているのだと
個人的には思っています。

生かされているのであれば
起こること全てを、淡々と受け止めて、
乗り越えていくことが大切だと思います。

もちろん、大変なこともあるのだけれど
それが使命なのかな~と思っています。

麻央さんのご冥福をお祈りします。

(今日のひと言)
起こることを淡々と受け止め、乗り越えていく!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 小林麻央さんの逝去におもうこと

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/12691

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2017年6月24日 04:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「取り組み方が変わると・・・」です。

次のブログ記事は「まさか・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01