ワクワクする将来


先日受けた適性検査の結果
適職がアナウンサーとの診断だった高2の娘
過去に受けた適性検査でも必ずアナウンサーが一番のようです。

担任の先生や友人からも
医師はピンとこないけど
アナウンサーはあるある!
と言われ、かなり本人もその気になっているようです。
もともと理系ならば、医学部か薬学部
文系ならば、アナウンサーが希望だったようです。

16歳の時点で将来を決める決断を求められることは本当に大変だけれど
日本の教育体系がそうである以上決断せざるを得ないのが現状です。

あと1年少し選択肢を広げ
自分がワクワクする将来を選んで欲しいと思います。

父としても、アナウンサーは向いていると思うけれど
それにしても次から次にハードルの高い将来を選択するよな~(苦笑)

(今日のひと言)
ワクワクする将来!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ワクワクする将来

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/12765

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2017年7月12日 04:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鳥の目、虫の目、魚の目」です。

次のブログ記事は「目の前のことにベストを尽くす!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01