思うは招く


昨日担任の先生から
「本当に医学部受けるの?5浪、6浪するの?」
と言われ、落ち込んだ高2の娘
担任に「医学部に入れるのなら何年かかってもいい」と言った所、黙ったそうです

本人には「他人に何と言われようと気にするな。自分自身を信じてコツコツとやれることをやりなさい」と言いました。

そこで頭に浮かんだのが
下町ロケットのモデルと言われている植松努さんの講演

祖母ら教わった
「思うは招く」を胸に
周りからの「どーせ無理」という言葉を乗り越えて
夢を持つことの大切さを教えてくれました。

人間には無限の可能性があります。
その可能性の限界を決めることができるのは本人だけです!

本人が望むことならば、
できるだけのサポートをしてあげるのが親の役割と思い、
できるだけのサポートをしています。

たとえ担任であっても、その可能性を頭ごなしに否定することはやめて欲しいし
他の生徒の可能性を潰すこともやめて欲しいと思います。

明日、父母会があるので、きちんと担任に伝えておきたいと思います。

“思うは招く”は、脳の構造から考えても正しいし
たとえ直接的な結果がでなくても、
最終的には本人にとってベストな結果を招くのです。

人生のゴールデンルールです!

(今日のひと言)
思うは招く!


私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 思うは招く

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/13041

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2017年9月29日 05:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「音声入力」です。

次のブログ記事は「凡事徹底」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01