文科省の戸谷事務次官、汚職事件で引責辞任へ


文科省は事務方トップが2代連続して不祥事で辞める形となりそうです。
組織は魚と一緒で頭から腐るといいます。
抜本的な組織改革を行わない限り、今後も同様のことが起こると思います。

これは他人事ではなく、どんな組織でも起こりえることです。
人間は自己のために行動するのが習性で
組織が人によって成り立つ以上
組織に自浄能力を持たせることが大切です。

組織とはすばらしい成果を出す仕組みである反面
恐ろしく弊害をもたらすこともあり得ます。

何か変えるためにはまず組織にメスを入れることが大切です!

(今日のひと言)
組織がキーポイント!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 文科省の戸谷事務次官、汚職事件で引責辞任へ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/14046

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年9月21日 05:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「試練は成功へのジャンピングボード」です。

次のブログ記事は「チャンスの女神には前髪しかない!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01