あいみょんの夜行バス


高3の娘がはまっているあいみょんの曲の中でよく聴いているのが夜行バス
私自身も聴いてみると、何だか自分の青春時代を思い出してしまういい曲でした。

時代は変わっても、青春時代の感じ方って変わらないのかもしれません。
人間って、進歩しないのかな~(笑)

個人的には、死ぬ間際まで青春時代でありたいと思います。

サミュエル・ウルマンの有名な詩「青春」は座右の銘です。

若さとは人生のある時ではなく、心の状態を言うのだ。意志、創造力、燃える情熱、臆病を却ける勇気、安易を捨て去る冒険心 これらを若さと言うのだ。
単に年を重ねただけで人は老いない。理想を捨て去る時に初めて老いるのだ。歳月は皮膚のしわを作るが、情熱を捨て去る時が心にしわを作るのだ。心配・疑い・自己不信・恐怖と絶望が、長い年月と共に頭をもたげさせ、精気ある魂も消え失せてしまう。

<今日の一言>
死ぬまで青春!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: あいみょんの夜行バス

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://mtadmin.rsw.co.jp/mt/mt-tb.cgi/14231

コメントする

このブログ記事について

このページは、村田優一郎が2018年12月 6日 05:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「高輪ゲートウェイ」です。

次のブログ記事は「貴ノ岩が引退決意」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01