「縮み志向」が日本経済を停滞させた


目次は次の通りです。

第1章 高成長が"前提"の経営を突然変えざるを得なくなったー1970年代に根付いた縮小均衡思考が今も続く

第2章 リーダーは何を変え、何を変えられなかったのか
第3章 日本企業の挑戦と挫折

第4章 令和に先送りされた構造問題
第5章 アベノミクス超え、新経済モデル構築へ何が必要か
年表 年表でみる経済の動向と企業・社会の変化

ダイエー、リクルートの光と影。
本田宗一郎と藤田田の共通項。
幻に終わった「電子立国」...
世界で輝くためには何が必要か?
いろいろな気付きを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「歴史は還らない。しかし過去に学ぶことは将来への備えになる。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

「条文ゼロ」でわかるクレーマー対策


目次は次の通りです。

第1章 クレーマー対応に疲弊していく現場の担当者たち
第2章 クレーマーからの要求を「断る仕組み」を社内につくる
第3章 クレーマーへの"しなやかな"対処法

第4章 クレーマーからの終わらない電話を終わらせる方法
第5章 クレーマーからの執拗な面談要求の断り方
第6章 クレーマーへの反撃の作法

いつ電話がかかってきても怖くない!
クレーマー対応のプロが伝授する、即効性バツグンの撃退&解決テクニック。
クレーマー対策を、担当者に丸投げしていませんか?
放置したら、会社全体が壊れていく!
いろいろなヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「組織全体の力を上げるには、「経営者のクレーマーに対する方針」といった戦略の立案が不可欠である。」



私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

1冊でぜんぶわかる


目次は次の通りです。

序章 36協定の重要ポイントと働き方改革関連法
(これだけは覚えたい!36協定の重要ポイント/働き方改革関連法で何が変わったか ほか)

第1章 労働時間制度のはなし
(労働時間制度の原則/労働時間制度の例外 ほか)

第2章 36協定のはなし
(「36協定」にまつわる基本的事項/「36協定」の締結が必要なとき、そうでないとき ほか)

付録(規定例等)
(時間外・休日労働、割増賃金に関する規定の例/定額残業代制度に関する規定の例 ほか)

働き方改革、長時間労働対策...
近ごろ、労働時間制度にまつわる法規制が大きく変化しています。
「どう変わったの?」「これってどういう意味?」「こんな場合どうする?」
労働時間制度・36協定の基本や実務について、弁護士がやさしく解説し、1冊でぜんぶわかる本にしてあります。
実務でお困りの方はもちろん、これから勉強したい方におすすめです!!

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

これからの労務の在り方まで徹底解説


目次は次の通りです。

第1章 「働き方改革」で注目の集まる労務問題
ー今こそ必要とされる労務の見直し
(働く人が知るべき「法」の真意/労働基準法ができた背景 ほか)

第2章 経営面から労務を考える
ー忘れられた相互のコミュニケーション
(経営最優先にならざるを得ない社会経済状況/余裕がない経営者のもとで起こる人間関係の問題 ほか)

第3章 労働者として「働き方」を考える
ー「会社を選んだ責任」の放棄
(不安定な雇用状況によって昔の安定はなくなったがー/自由すぎる労働者は敬遠される ほか)

第4章 労使トラブルを未然に防ぐために
ープロの視点を取り入れて行う労務改革
(社労士とはどんな職業なのか/社労士の連絡窓口 ほか)

第5章 事例に見る企業の創業から事業拡大まで 
各フェーズにおける労務の問題と改善策(A社設立前ー社会保険の手続きに関する相談がきっかけ/A社がいよいよ開業ー多様な雇用体制への対応 ほか)

長時間労働や雇用形態に関する処遇の格差など労働環境が問題視され、各企業で具体的な施策が導入されている。
しかし労務問題そのものは完全に解消されたわけではない。
特に労使間のトラブルは絶えない。
雇用者、経営陣、社労士三者の立場を経験した著者は、根本原因は「相互理解の欠如」であると説く。
労務のプロの視点で現状の労務問題から労務トラブル回避術、これからの労務の在り方まで徹底解説します。
いろいろなヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「働き改革は、・過労死・過労自殺の温床となる長時間労働の是正・非正規気労働者の待遇改善に集約されます。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

「ほめられない」を魅力に変える方法


目次は次の通りです。

第1章 「ほめ下手」でよかった
第2章 「ほめ下手」の「ほめる」実践法
第3章 心にもないことは言わない「ほめ達」への道

第4章 私が「ほめ達」になれた理由
第5章 光を持って生きる
第6章 時間を味方につける生き方

強面の人からやさしいひと言をかけられたら「えっ?」と意外性を感じます。
これと同様に、普段なかなかほめないような人からほめられると、その意外性からうれしさが2倍にも3倍にも感じられたりします。
つまり、周囲から「無愛想」「怖い」「ガンコ」などと思われがちな人は、それだけでほめるための武器を持っていることになります。
いろいろな気付きを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「頭の中に浮かぶ思いや思考は変えなくていいので、口に出す言葉だけを変えていく。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

「無限競争社会」の苦悩


目次は次の通りです。

第1章 過酷な受験競争と大峙洞キッズ
(大峙洞キッズとマネージャーママ/何でもありの大峙洞塾業界/政治に振り回される韓国の教育政策)

第2章 厳しさを増す若者就職事情
(最悪の就職率と卒業猶予生/N放世代とスプーン階級論)

第3章 職場でも家庭でも崖っぷちの中年世代
(襲いかかるリストラの恐怖/我慢を続ける「雁パパ」たち)

第4章 いくつになっても引退できない老人たち
(居場所をさがす高齢者たち/「敬老社会」から「嫌老社会」へ)/第5章 分断を深める韓国社会

これは、近未来の日本の姿かもしれない。
今後の潮流を読む上で参考になります。

<印象に残った一文>
「2020年までに最低賃金を1万ウォンにするという公約を守るため、2年間で3割近く最低賃金を引き上げたことが、韓国経済の命取りになりつつある。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

テクノロジーが変える経済の形と未来


目次は次の通りです。

プロローグー「未完」のその先を求めて
1 我々は大きな分岐点の前に立っている
(ポール・クルーグマン)

2 「雇用の完新世」が終わり「人新世」がはじまる
(トーマス・フリードマン)

3 職業の半分がなくなり、「どうでもいい仕事」が急増する
(デヴィッド・グレーバー)

4 成長を追い求める経済学が世界を破壊する
(トーマス・セドラチェク)

5 テクノロジーは働く人の格差をますます広げていく
(タイラー・コーエン)

6 ベーシックインカムと一日三時間労働が社会を救う
(ルトガー・ブレグマン)

7 「データ資本主義」が激変させる未来
(ビクター・マイヤー=ショーンベルガー)

エピローグー加速する世界の中で

経済学者シュンペーターは「資本主義の欠点は自ら批判されたいと願っている点だ」と述べた。
批判すらも飲み込み自己変容を遂げていく「未完」の資本主義。
とりわけ近年は、テクノロジーの劇的発展により、経済の形が変わり、様々な矛盾が噴出している。
「テクノロジーは資本主義をどう変えるか」
「我々は資本主義をどう『修正』するべきか」について、国際ジャーナリスト・大野和基氏が、世界の「知の巨人」7人に訊ねた論考集です。
経済学、歴史学、人類学...多彩な視座から未来を見通し、「未完」のその先の姿を考える、知的興奮に満ちた1冊です。
いろいろな気付きを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「これから競争に勝ち残るためには、生涯学習者になる能力が最も重要になります。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

身体に効くストレッチング

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

基礎から学ぶ!ストレッチング(令和版) [ 谷本道哉 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2019/12/16時点)


目次は次の通りです。

第1章 ストレッチング理論編
第2章 ストレッチング実践編
第3章 ダイナミックストレッチング

第4章 PNFストレッチング
第5章 体幹モビライゼーション
付録章 コアコンディショニング

"筋肉体操"でおなじみの谷本道哉、柔道日本代表チームフィジカルトレーナーの岡田隆、スポーツ科学の研究者である荒川裕志、業界トップを誇る東京大学・石井直方チームが身体に効くストレッチングをわかりやすく解説!
いろいろなヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「関節をできる限り曲げたり伸ばしたりする動作によって、筋肉をその両端の腱から「引っ張って伸ばす」行為がストレッチです。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

成功と失敗の中から得た現場に効く学びの数々を紹介


528社16万人の働き方改革を支援した「週休3日」のプロが、成功と失敗の中から得た現場に効く学びの数々を紹介。
メール、資料作成、会議などが劇的に効率アップする「正しい働き方」を伝えてくれます。
いろいろなヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「意識を変える前に行動を変える。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

定期テストも制服も、いじめも不登校もない!笑顔あふれる学び舎はこうしてつくられた


目次は次の通りです。

第1章 あれもこれも「ない」中学校(服装自由の登校風景/定期テストをやめた ほか)

第2章 「ない」中学校に、こうしてなった(怒声の飛ぶ朝礼/子どもは管理するものか ほか)

第3章 子育ては15歳までー親と子の関係(養護学校の子にとっての「一日の重さ」/子どもは甘やかしていい ほか)

第4章 学校レポート/"これからの子どもたち"の育て方(3Dプリンターで心臓を作る/エッジを立てろ ほか)

目標はただ一つ、「すべての子供たちが3年間を楽しく過ごせる」こと。
いろいろな気付きを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「15歳になったら手を放そう。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1