細部から「会社の本質」を見抜くヒントが満載


目次は次のとおりです。

第1章 会社の性格は社長で決まる!
-大成功する会社の社長は、例外なく「ケチ」
(“サラリーマン社長”の会社は成長が期待できない/社長の保有株比率が高い会社のほうが株価が上昇する ほか)

第2章 ブラック企業はこう見抜け!
-投資に適さない「ヤバ悪い」会社の見分け方
(社長の自伝を本人がプレゼントしてきたら、その会社は伸びない!/豪奢な新社屋に入居した会社はその時点が業績や株価のピーク ほか)

第3章 社内結婚が多い会社は儲かっている!
-急成長する「ヤバいい」会社のヒミツ
(「成長する企業」は成熟産業の中にも発見できる/「アンケート、お礼状の法則」-返信がある会社ほど株価が高い ほか)

第4章 産卵後に死んでしまうサケでなく、メンドリを探せ!
-ベンチャー企業の成功法則
(シニア世代の起業は「精神の柔軟さ」が成否を分ける/「白いウソ」をつくことは起業家の重要な資質である ほか)

第5章 会社を見分ける3つの基準
ーナオコの原則
(これからは「社会貢献」と「成長」の両方を達成できるのが“いい会社”/企業の成長を見る基準「ナカマ」「オコナイ」「ココロ」=ナオコの原則 ほか)

30年近くにわたり企業調査を続け、
6500人以上の社長に会い、
成長企業を発掘してきたファンドマネジャーが明かす「68の法則」。
社長の話し方、SNSでの発信、社長室の調度の選び方や置き方、役員構成、決算説明会の資料の変化…など、
細部から「会社の本質」を見抜くヒントが満載です。
色々な気づきを与えてくれます!

<印象に残った一文>
「相談役や顧問は会社の成長を阻害する要因」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

正しい知識を得て、労基署との付き合い方が学べる一冊

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

労基署がやってきた! (宝島社新書) [ 森井博子 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2017/7/24時点)


目次は次のとおりです。

第1章 労基署とは?監督官とは?
第2章 サービス残業での逮捕・送検
第3章 過労死・過労自殺の労災認定

第4章 監督官は労災かくしを見破る
第5章 電通事件と過重労働撲滅特別対策班、通称「かとく」

第6章 是正勧告・強制捜査を受けた企業がすべきこと
第7章 「働き方改革」と日本人の働き方のゆくえ

伝説の女署長と呼ばれた元監督官が、労基署のウラのウラまで語りつくします。
全国で初めて労働基準法違反の疑いによる逮捕を行うなど、
数多くの現場を渡り歩いてきた著者が、
労基署の最前線を明かします。
働き方改革により労基署の動きが加速し、職場の常識も変わりつつあります。
「皆さんの想像以上に、労基署は企業の情報を握っている」とは森井氏の言葉。
正しい知識を得て、労基署との付き合い方が学べる一冊です。
一般には、知ることのできない監督署の内情がわかります。

<印象に残った一文>
「労災隠しがあった倍には、すぐに司法事件として、立件されて事業者が検察庁に送検されることが多くあります。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

おうちで作れる専門店の味


目次は次のとおりです。

第1章 巻きずし(太巻き/中巻き ほか)

第2章 ちらしずしといなりずし
(ばらちらし/吹き寄せちらし ほか)

第3章 にぎりずし(にぎりずしのたねを切る3つのコツ/中トロのにぎりずし ほか)

第4章 すし店の酒肴
(まぐろで/かつおで ほか)/すしだねの仕込み(ゆで海老/まぐろ赤身のヅケ ほか)

ご自宅でプロの味が再現できる「すし」の本。
銀座の人気すし店「鮨青木」主人が、巻きずし、ちらしずし、いなりずし、そしてにぎりずしまでご紹介してくれます。
作り方は”まるで動画みたい”。
プロセス写真を細かく追って解説しているので、失敗することなくおいしく作れます。
「小どんぶり風にアレンジしたすし」や「身近な魚介で作る酒肴」など、専門店らしいメニューも掲載。
おもてなしにも困らない、極上のすしを家庭で作るためのノウハウが詰まっています。

<印象に残った一文>
「ぬくもりの残っているすし飯で作ってこそ、すしはおいしい」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

グローバル人材になるための99のアドバイス


目次は次のとおりです。

第1章 あなたの英語、こうすれば上達する
第2章 「現在位置」を知って「目的地」までのロードマップを作ろう

第3章 英語は使わざるを得ない世界共通のツール
第4章 実践!ビジネス英語

第5章 グローバルキャリアを目指して
第6章 手を挙げよう。すべてにチャレンジしてみよう

第7章 どこでも通用する常識は、どこにも存在しない
第8章 新しい時代の新しいマナー/第9章 ぬるま湯から出て次のステージに進もう

世界を目指す君に、僕のすべてを伝えたいーー
ビジネスマンにして、NHKラジオ講座「実践ビジネス英語」の講師である著者が
自らの体験をもとに若者たちに贈る「キャリアアドバイス」。
「面白くて役に立つ」一冊です。
グローバルに生きるためのヒントがぐっと詰まっています!

<印象に残った一文>
「プロとは努力をやめなかったアマのことです。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

差と停滞のアベノミクス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

偽りの経済政策 格差と停滞のアベノミクス [ 服部茂幸 ]
価格:885円(税込、送料無料) (2017/7/24時点)


目次は次のとおりです。

第1章 低成長が続く日本経済
(混迷する黒田=岩田日銀/停滞する日本経済/機能しない異次元緩和/日本だけの経済停滞/世界大恐慌の再検討)

第2章 雇用は増加していない
(実体経済、雇用、労働生産性の低迷/労働生産性のゼロ成長)

第3章 デフレ脱却という神話
(輸入インフレの終焉/日本銀行は責任を転嫁する/誤った経済学は失敗を繰り返す)

第4章 広がる格差
(企業業績の急回復、それが問題だ/アメリカ経済の何が「回復」しているのか/実態なき「回復」)/終章 アベノミクスとポスト真実(経済学の「裏の歴史」/経済の危機は経済学を進歩させる)

なぜ今も経済の停滞が続くのか、
本当に雇用は回復したのか、
金融緩和でデフレからの脱却は成功したのか、
格差は広がっているのか…
安倍政権と黒田日銀による経済政策を徹底検証します。
まやかしの「成果」のからくりを暴き、アベノミクスを鋭く批判する書です。
その先に、経済学が果たすべき役割が見えてくる。
面白い切り口の本です。

<印象に残った一文>
「消費はGDPの6割を占める。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

ノーベル賞受賞者による衝撃作!

目次は次のとおりです。

まえがき 経済はごまかしに満ちている
みんな操作されてしまう:釣りの経済学

第1部 釣り均衡を考える
(人生至るところ誘惑だらけ/評判マイニングと金融危機)

第2部 あちこちにある釣り
(広告業者、人の弱点を突く方法を発見/自動車、住宅、クレジットカードをめぐるぼったくり/政治でも見られる釣り/食品、医薬品での釣り/イノベーション:よいもの、悪いもの、醜いもの/たばこと酒と釣り均衡/倒産して賭けを得る/マイケル・ミルケンがジャンクボンドを餌に釣り/釣りと戦う英雄たち)

第3部 自由市場の裏面
(自由市場のすばらしい物語を見直そう)/あとがき 釣り均衡の重要性

結婚式、お葬式、新車購入、住宅購入、金融商品、医薬品、選挙、広告、ポテトチップス、たばこ、お酒…
知らずにみんな釣られている。
賢いはずのあの人が、なぜカモられてしまうのか?
経済とは、釣り師とカモの永遠の闘いである。
面白い切り口の本です。

<印象に残った一文>
「人は物語を通じて考える傾向があり、人々の思考基盤が人々を操る上で大きな役割を果たす。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

N高が目指す教育革命とは?

目次は次のとおりです。

はじめに
第1章 N高ってなんだ?
第2章 N高のリアル

第3章 N高のはじまり
第4章 N高の考え方
第5章 N高の未来

なぜ出版社であり、IT企業であるカドカワが高校を?
 新設の通信制高校として2016年4月の開校初年度から2000人を超える生徒が入学し、そのインパクトは「日経ビジネス」誌をはじめ多くの媒体で取り上げられた。
中高生の不登校が社会問題化し、学びの多様化が叫ばれる中、既存の教育業界に一石を投じるN高が目指す教育革命とは?
今後の教育のあり方の選択肢の一つかと思います。
今後のN校の動向に注目したいと思います。

<印象に残った一文>
「生活そのものがある種の勉強であると思う。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

楽に生きるための心の取扱い方

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

不安の9割は消せる (朝日文庫) [ 枡野俊明 ]
価格:669円(税込、送料無料) (2017/7/27時点)


目次は次のとおりです。

序章 「向き合う」ことから始める
第1章 その不安の9割は、消せる
第2章 心配のほとんどは、潰せる

第3章 手放すから、豊かになれる
第4章 「人は人。私は私」で、救われる
第5章 心を整える、簡単なコツ

第6章 素直になれる場所を、見つける
第7章 心の居場所は、どこにでもつくれる

すべての心配事は「思い込み」に過ぎない。
不安から解放され、「いま」を豊かに生きるための禅の考え方を説く。
「不安になる」「心配する」「欲しがる」「妬む」「イライラする」「見栄を張る」「承認されたいと願う」……
人間であるがゆえに逃れられない負の感情の“七癖”から解放され、毎日心豊かに生きるための方法を禅の思想を交えて説く書です。
楽に生きるための心の取扱い方をわかりやすく紹介してくれます。
読んだ後に心軽くなります。

<印象に残った一文>
「自然は人間にとっての心の逃げ場でもあります。そこに少しだけの間逃げ込むことで、心は随分と癒やされる。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

重大な局面で“正しい決断”をする方法

目次は次のとおりです。

序章 外科医の失敗談
第1章 複雑すぎる!

第2章 チェックリストと爆撃機
第3章 高層ビルの建て方

第4章 災害への対処法、美味しい料理の作り方、そして私の仮説
第5章 手術をもっと安全にする方法?

第6章 良いチェックリストの作り方
第7章 世界規模のテスト

第8章 投資で成功する方法と、今求められている人材
第9章 助かった!

単純な「チェックリスト」が日常に起きるミスを減らし、災害・事故に際しては人命を救う。
絶対にミスの許されない医療現場で著者が辿り着いた真実。
経営者、投資家、医師、パイロット、建築家、料理人…、
あらゆるプロフェッショナルが信じる成功のエッセンスがここにある。
米誌「TIME」の「世界で最も影響力ある100人」に選ばれた著者の提言です。
色々はヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「たったひとつのチェックリストのおかげで、数年たった今でもミシガン州のカテーテル感染率は低いままだ。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

奨学金で人生を棒に振らないための処方箋

目次は次のとおりです。

まえがき 奨学金でローン地獄に突き落とされる若者たち
第1章 奨学金返済の実態
第2章 苛酷な取り立ての実態

第3章 「延滞金地獄」のパターン分析
第4章 世界に逆行する日本の教育費政策
第5章 若者を奴隷化する日本の奨学金政策

第6章 「新しい奨学金」の利用法と注意点
第7章 必読!返せなくなったときの対処法
あとがき 日本の教育は世界から転落する

いまや約4割の大学生、100万人以上が借りる奨学金。
だが、容赦のない取り立てと厳しいペナルティで返済に行き詰まり、親戚にまで厳しい請求が行く例が相次いでいます。
奨学金で人生を棒に振らないための処方箋を公開する書です。
奨学金制度の課題や現状がみえてきます。

<印象に残った一文>
「これからの時代を生き抜くには「制度の落とし穴」をしっかり見抜いて賢く行動しなければならない。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.01