必要書類のサンプル付


目次は次の通りです。

第1部 長時間労働の是正等
(なぜ「働き方改革」が必要なのか~生産年齢人口減少への対応/働き方改革関連法の全体像~8種類の関連法を改正/時間外労働の上限規制が法制化された(労基法) ほか)

第2部 雇用形態にかかわらない公正な待遇の実現等
(産業医の環境整備と職務内容等の周知義務の新設(安衛法)/医師による面接指導の対象者が拡大、違反には刑事罰も(安衛法)/「心身の状態に関する情報」の取扱規定が新設された(安衛法) ほか)

第3部 巻末資料
(36協定記載例(一般条項)、裏面の記載事項/36協定記載例(特別条項)、1枚目裏面の記載事項/36協定記載例(特別条項)、2枚目裏面の記載事項 ほか)

「働き方改革」関連の法改正について、実務上必要になることを中心に、どの順番で、どこが変わり、何をすべきかを、具体例で解説。
残業時間の上限規則、同一労働同一賃金の実現、有給休暇の取得義務、高度プロフェッショナル制度等、改正点と対策がよくわかる。
必要書類のサンプル付きだから、簡単に作成・変更できる!
いろいろなヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「「働き方改革」の基本柱は、「長時間労働の是正」と「同一労働同一賃金」(公正な待遇の確保)である。」



私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

素朴なギモンにお応え


目次は次の通りです。

1 いま大注目の国家資格!キャリアコンサルタント
2 キャリアコンサルタントの仕事を見てみよう!
3 キャリアコンサルタント8人のある1日

4 キャリアコンサルタントになるには?
5 ゼロからわかる!キャリアコンサルタント試験のしくみ
6 合格した後のためにできる準備

社会からのニーズが高まる国家資格キャリアコンサルタント。
「どうすればなれるのか?」から「どこでどんな仕事をしているのか?」まで素朴なギモンにお応えします!
いろいろな気付きを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「どんな資格でも取得しただけでは仕事は来ない」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

誰も知らなかったダ・ヴィンチのすべて


目次は次の通りです。

第一八章 最後の晩餐
第一九章 母の死、そして苦難
第二〇章 フィレンツェへ舞い戻る

第二一章 聖アンナと聖母子
第二二章 失われた作品、発見された作品
第二三章 殺戮王チェーザレ・ボルジアに仕える

第二四章 水力工学
第二五章 ミケランジェロとの対決
第二六章 またもや、ミラノへ

第二七章 解剖学への情熱、ふたたび
第二八章 地球と人体を満たすもの、その名は水
第二九章 法王の弟に呼ばれ、新天地ローマへ

第三〇章 人間の姿をした天使の秘密
第三一章 モナリザ、解けない微笑の謎
第三二章 最期の地、フランスへ

第三三章 ダ・ヴィンチとは何者だったのか
結び キツツキの舌を描写せよ

人類の、自然の、宇宙の秘密を、いつも知りたかった。
死者の顔の皮膚を切り取り、筋肉を研究したことであのえもいわれぬ「モナリザ」の微笑みを生み出した。
「最後の晩餐」で試みたのは、単純な遠近法だけではない。
彼の真髄を理解するには、「科学」が絶対に必要なのだ。
没後五百年の歳月を経て、初めて明かされる制作意図。誰も知らなかったダ・ヴィンチのすべてがここに。
目から鱗の情報が満載です。


<印象に残った一文>
「レオナルドには観察と空想を難なく結びつける能力がありそれが「見えているもの」と「見えないもの」とを結びつける、思いがけない発想の飛躍につながった。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

孤高の「皇帝」の知られざる真実


目次は次の通りです。

第1部 KGBの影
(ドレスデンの夜/国家崩壊のトラウマ ほか)

第2部 権力の階段
(初めての訪日/改革派市長の腹心 ほか)

第3部 孤高の「皇帝」
(コソボとクリミアをつなぐ線/G8への愛憎 ほか)

第4部 大統領復帰後のプーチンと日本
(「引き分け」の舞台裏/日本首相、一〇年ぶりの公式訪ロ ほか)

スターリン以来の長期政権を築いたプーチン。
独裁者か、救国の英雄か?
その評価は内外で真っ二つに割れるが、その人物像は?
プーチンを直接知るKGB時代の元同僚やイスラエル情報機関の元長官など、20人の貴重な証言と最新情報をもとに、その実像に迫る書です。
目から鱗の情報が満載です。

<印象に残った一文>
「立ち上がる民衆や欧米の策謀によって、ロシアという国家が崩壊に追い込めれることへの抜きがたい恐怖感があるのではないだろうか」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

市民からみた司法参加の現在


目次は次の通りです。

第1章 裁判員の経験から   福田隆行/坂上暢幸
  第1 はじめに
  第2 日常に差し込まれる非日常の刑事裁判
  第3 人を変える裁判員経験
  第4 未来の裁判員へバトンを渡す

第2章 教えて裁判員制度!   福田隆行
  第1 はじめに
  第2 裁判員制度の概要
  第3 裁判員裁判の実施状況

第3章 市民の視点から考える   大城 聡
  第1 なぜ市民参加が必要か
  第2 裁判員の経験共有を阻む2つの壁
  第3 裁判員の心理的負担
  第4 責任ある参加と良心的裁判員拒否
  第5 裁判員時代の法教育
  第6 傍聴のすすめ
  第7 あなたが変える裁判員制度

 資料 市民からの提言

「本書は、裁判員制度への市民の参加を促す、素晴らしい招待状だ」
(濱田邦夫・元最高裁判所判事)
裁判員経験。それはある日突然、日常生活に刑事裁判が差し込まれることー。
その時、人々は何を見て、何を考え、どう刑事裁判と向き合ったのでしょうか?
裁判員に選ばれたときの気持ちから、人や社会に対する見方の変化まで裁判員経
験者の声を丹念に聞き取り、その言葉をまとめました。
また、守秘義務の緩和など市民にとってより良い制度にするための提言も収録しました。
すでに8万人以上の市民が裁判員として刑事裁判に参加している現在(いま)、
次の裁判員はあなたかもしれません。
本書はそんなあなたへのバトンです。
いろいろな気付きを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「国民主権の観念から制度が構想されている。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

実は、安倍改憲「4項目」とは「7項目」だった

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

安倍「4項目」改憲の建前と本音 [ 上脇博之 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/5/12時点)


目次は次の通りです。

第1部 自公政権による"憲法と民意の蹂躙"と明文改憲に向けた動き
(安保体制のグローバル化と憲法9条の蹂躙/安倍自民党内の改憲論議)

第2部 安倍自民「4項目」条文イメージ
(2018年)の建前と本音(参議院「合区」解消を口実にした改憲の本音/「自衛隊違憲」論を口実にした改憲の本音/「高等教育の無償」を口実にした改憲の本音/「自然災害への対処」を口実にした加憲の本音/安倍改憲は違憲・無効の改憲です!)

第3部 憲法改正手続法の欠陥と公平・公正でない広報資金
(憲法改正手続法の重大な問題点/国民投票で「7項目」を「4項目」にする自民党の思惑/"公平"ではない巨額の広告・広報費投入のおそれ/"公正"ではない使途不明金投入のおそれ)

「戦争できる憲法」にしてはならない!
実は、安倍改憲「4項目」とは「7項目」だったー
自衛隊明記の危険性や改憲が信途不明金で買収されかねない恐れなど、改憲反対者から賛成者まで幅広い人々の理性的・客観的判断のための新たな材料を提供。
一般報道では知ることのできない内容です。

<印象に残った一文>
「平和憲法である日本国憲法を「戦争できる憲法」に変質させる大きな一歩を踏み出すために、国家権力に対する憲法による規制を大幅に緩和し、内閣に大きな権限を付与する。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

最後の日まで幸福に生きたいあなたへ


目次は次の通りです。

第1章 人生に定年はない。本当の定年は命日。
第2章 自分の暮らしに手を抜かない。
第3章 機械任せ、他人任せではなく自分の体で生きる。

第4章 病は闘うものではなく、暮らしを変えるきっかけ。
第5章 安心してひとりで死ぬための努力と準備を始める。

東大病院救急医療の現場で、人間を見つめてきた医師が伝えたいこと。
「人生100年時代」と言われても、自分の寿命がいつ尽きるかはわからない。
逆算して、余計な心配や計画をせずに、「今」を楽しむ。

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

知的生産業務に必須の1冊


目次は次の通りです。

1 正しい考え方を身につける!ビジネスフレームワークを正しく使うために
2 困ったときの対処法を知る 問題解決フレームワークの基本を身につけよう

3 自分を知ってこそ有利な戦いができる 製品やサービスの長所・弱点を分析する
4 敵を知らなければ有利に戦えない 競合や外部環境を分析する

5 企画に行き詰まったときの処方箋 製品やサービス&販促のアイデアを練る
6 困ったときに突破口が見えてくる 未来をより良くするために課題を解決する

7 もっと強くなるための考え方を身につける!個人と組織の能力をアップする
8 より効果的にフレームワークを活用する ツールを組み合わせる&比較して選ぶ

「問題発見と解決」「市場の分析」「戦略立案」「業務改善」「組織開発」...
これらのビジネスの課題に取り組み結果を出すための思考ツールが"ビジネスフレームワーク"です。
数多あるツール群から定番・成果の大きいフレームワーク55を見開きページ解説でテンポよく紹介します。
またツールを組み合わせたり比較することにより、より深い分析が行える実践ケースを紹介。
さっと引けてぱっと身につく知的生産業務に必須の1冊です。

<印象に残った一文>
「経営やマーケティングを専門に学んでいなくても、学者やコンサルタントの英知の結晶を使うことで考えられるべきことを正しく考えられる。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

逆境を生き抜くためのメッセージ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

これからを生きる君へ [ 天野 篤 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2019/5/14時点)


目次は次の通りです。

第1章 子ども時代、中・高時代、浪人時代の経験
(マンガばかり読んでいた子ども時代。「勉強しろ」と言わなかった母/人に危険なことはしない、迷惑をかけない。それを学んだ小学生時代 ほか)

第2章 ピンチをチャンスに
(父の死に直面して知ったこと。「父は今でも心の中で生き続けている」/最大のピンチが訪れたときこそ、その次にチャンスがやってくる ほか)

第3章 医師として生きる
(いつか手術をしたことすら忘れてもらえる日がくるために/天皇陛下の手術につながった1人の患者さんのお話 ほか)

第4章 伝えたい「仁」の心
(戦中戦後を生き抜いた人たちへ心からの感謝を/つらいときこそ発想を転換しよう ほか)

第5章 これからを生きる君へ
(大切な「生活の知恵」に目をとめてみよう/本物を見て聞けば、覚悟が定まってくる ほか)

医学部を目指し3浪、そして天皇陛下の執刀医へ。
数々の挫折を乗り越えてきた著者が若い世代に贈る、逆境を生き抜くためのメッセージ。
医学部志望の娘にも紹介したところ、座右の書にするようです。

<印象に残った一文>
「最大のピンチと思った時こそ、その次がチャンスなんだ」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

樋口恵子の人生案内


目次は次の通りです。

親子・親族関係
(ムズカシイ母親/我が子と不仲 ほか)

夫婦関係
(ダメ夫/定年前後の夫 ほか)

嫁・義父母関係
(冷たい嫁/困った姑 ほか)

世間の人間関係
(職場の人間関係/ご近所・友人関係 ほか)

人づきあいの悩み・ストレスを情と理で解決。
人生100年、仕切り直して未来志向で生きる本。
いろいろなヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「変化の事実を正確に把握し、同世代の人々と事実を共有する。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1