陰陽五行を学ぶことは、大人の、そして日本人の教養

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

陰陽五行でわかる日本のならわし [ 長田なお ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/12/25時点)


目次は次の通りです。

陰陽のはなし
(基礎知識 陰陽説ってなに?/なぜ、日本料理は奇数だらけなの?/なぜ、ご飯は左、汁は右に配膳するの? ほか)

陰陽五行のはなし
(陰陽五行説ってなに?/五行の法則(相生・相剋)/五行の配当 ほか)

付録 易のはなし
(易ってなに?/八卦(小成卦)ってなに?/乾 ほか)

「なぜ、土用の丑の日に鰻を食べるの?」という定番の質問に対し、
「体調を崩しやすいこの時期に、養生するため」と答える人は少なくありません。
それでは「なぜ、この時期は体調を崩しやすいのか」を知っていますか? 
年中行事を実践したり、昔話を知っていても、
その深い理由まで説明するのは難しい
そういった日本のならわしの「なぜ?」を陰陽五行によって解き明かします。
図とイラストを使って、はじめての人にもわかりやすく紹介します。
私たちの祖先は古代中国の思想・哲学である「陰陽五行」を信じて、今日まで年中行事などを受け継いできました。
陰陽五行を学ぶことは、大人の、そして日本人の教養です。
目から鱗の情報が満載です。

<印象に残った一文>
「日本の劇場では、歌舞伎や能の舞台をはじめ、客席から見て右を上手といい、左を下手といいます。」



私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

そのやり方、9割がムダ!


目次は次の通りです。

1 環境整備ーデスクトップの整理で作業効率アップ
2 ファイルー移動とコピーの無駄排除、検索も速く
3 ウェブー情報に直結!検索&表示の実用テク

4 メールー忘れない、見逃さない、メール整理法
5 エクセルー表作成&データ整理の達人ワザで時短
6 ワードーイライラ解消!スイスイ入力の設定術

ビジネスに欠かせないパソコンの6大スキルがすべて身に付けられる!
デスクトップの整理で作業効率アップ。
ファイル操作の無駄排除。
移動やコピー、検索も速く。情報に直結する検索&表示の実用テク。
忘れない、見逃さない、メール整理法。表作成&データ整理のエクセル達人ワザ。
ワードのイライラ解消!スイスイ入力の設定術。
いろいろなヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「パソコン操作の下手な人は、正しい使い方を知らずに、適切な操作を繰り返した結果、そのやり方の9割がムダということすらあります。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

家計簿より早起きが効く


目次は次の通りです。

1 朝の習慣ー貯まる人はとにかく早起きしている
2 モノの習慣ー貯まる人の家はモノが少ない
3 キッチンの習慣ー安く買うより、使い切ることが大切

4 買い物の習慣ー値段ではなく、買った後の価値で決める
5 夫の習慣ー夫をチームメイトにすれば、やりくりは百人力
6 お金の習慣ー全体を見渡せるように流れを整理する

家計簿が苦手で、赤字続きの人の悩みを解消!
1000人の取材で見つけた貯まる法則26。
貯まる人の生活をマネするだけで、みるみる貯蓄が増えていく。
目から鱗の情報が満載です。

<印象に残った一文>
「貯まる人の朝は早く、貯まらない人の朝は遅い。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

野球愛に満ちた7人の決断と、自ら歩んだその人生に迫る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プロ野球を選ばなかった怪物たち [ 元永知宏 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/2/11時点)


目次は次の通りです。

第1章 山根佑太ー東京六大学のスラッガーはなぜ野球をやめたのか
第2章 杉浦正則ー世界の頂点を目指した"ミスター・オリンピック"
第3章 鍛治舎巧ーパナソニック人事部長から高校野球の名監督に

第4章 志村亮ービジネスマンを選んだ伝説の左腕
第5章 應武篤良ー"プロ"へと育てる"アマチュア"球界の名将

第6章 山中正竹ー"小さな大投手"は球界の第一人者へ
番外 遠藤良平ープロに挑戦した東大のエース

あの決断に後悔はないか?
プロ野球を拒否した男たちの「その後の人生」途切れない野球との絆、揺るぎない野球への愛情ー野球の神様は彼らにどんな使命を与えたのか?
野球愛に満ちた7人の決断と、自ら歩んだその人生に迫る書です。
目から鱗の情報が満載です。

<印象に残った一文>
「世の中になくてもいいものがあり続けるためには、人に必要だと思われなければならない。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

奇妙な権力基盤を読み解く


目次は次の通りです。

はじめにートランプ大統領は予測不能なのか
2016 トランプ大統領を読み解くキーファクター
(トランプは米国政治を「ハック」したアウトサイダー/閣僚人事は、トランプを動かす勢力図)

2017 就任1年目を読み解く
(アウトサイダーから「保守派大統領」へ/2017年補欠選挙・州知事選挙で大苦戦)

2018 中間選挙を読み解く
(2018年中間選挙情勢の読み解き方/過熱するトランプ政権の貿易戦争 ほか)

2019~2020 トランプ大統領再選を読み解く
(2020年大統領選挙へ/4つのシナリオを深掘りする)

日本の対米外交戦略は変わるのかー2020年大統領選に向けた提言
(日本の対米外交戦略を見直す/「自由主義VS権威主義」の時代の日本の戦略構想)

米中貿易戦争、米朝首脳会談、イラン核合意見直し...。
「ドナルド・トランプの言動は、シナリオ通りです。」
政権の裏側を熟知する気鋭の論客が
トランプ劇場のこれからと日本へのインパクトを徹底解析!
目から鱗の情報が満載です。

<印象に残った一文>
「世界的なエスタブリッシュメント(既得権・世襲)の確立と非エスタブリッシュメントの対抗という2つの巨大な地殻変動が起きている。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

心の強い幸せな子になる0~10歳の家庭教育


目次は次の通りです。

第1章 非認知能力とはー数字で表せない、豊かな「人間力」と「生きる力」
第2章 ルールをつくるー自立心と自制心を伸ばす枠組み
第3章 対話するー親子の対話がコミュニケーション能力を伸ばす

第4章 遊ぶー問題解決能力を伸ばす最大のチャンス
第5章 子どもと自分を受け入れるー自己肯定感とレジリエンスを育てるために
第6章 「好き」を見つけるーパッションは人生をかけがえのないものに


問題解決力や柔軟性などの数値化できない人間力である「非認知能力」が、これからの日本の教育法として注目されています。
アメリカでの子育てを通して、「非認知能力」を育てる家庭教育を実践した著者が、その方法を詳解する書です。
いろいろな気付きを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「自分の頭で考えて、問題を解決する。

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

やさしい語り口(関西弁)で教えてくれる本

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

心に折り合いをつけて うまいことやる習慣 [ 中村恒子 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/12/20時点)


89歳の精神科医・中村恒子。今なお現役で働き続けるのは、「患者さんに求められている」から。
彼女の生き方は、「たんたん」に尽きる。余計な力が入っておらず、それでいて愛にあふれ、出会った人すべてを元気にしてくれる不思議な言葉の力を持っている。
そんな中村氏の生き方を、同じく精神科医の奥田弘美氏が書き下ろし(聞き書き)。
「人生100年時代」と言われるなかで、生き急ぐことなく、力強く、自分らしさを失わずにいるにはどうすれば良いのか。
やさしい語り口(関西弁)で教えてくれる本です。
目から鱗の情報が満載です。

 <印象に残った一文>
「今後しんどいことを経験することが来れば、それは「新しいものの見方」を学ぶ時期でもある。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

いちばんカンタンな潜在意識のあやつり方


目次は次の通りです。

1 「引き寄せ」では、あなたは変われない
2 すべては潜在意識の状態を知ることからはじまる
3 潜在意識を劇的に変える方法

4 自分を変えるために「やってはいけない」こと
5 潜在意識を活性化させる「言葉」の使い方
6 潜在意識を使いこなして、理想の自分になるには?

「引き寄せ」では、あなたは変われないー。
「知識の貯蔵庫」を使いこなし、最高の人生を手にせよ!
世界で唯一の「潜在意識のグランドマスター」が明かす、最速で自分を変える方法。
目から鱗の情報が満載です。

<印象に残った一文>
「習慣や行動が変われば、潜在意識が変わる。潜在意識が変われば、あなた自身が変わる。あなた自身が変われば、素晴らしいことが次々と起こってきます。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

具だくさん汁はおかずです!


目次は次の通りです。

具だくさん汁はおかずです!汁とごはんで簡単食養生
(シンプルな野菜スープに合う組み合わせ(野菜スープ、炒り大豆ごはん、ぬか漬け)/野菜のみそ汁に合う組み合わせ(夏野菜のみそ汁、梅干し入りとうもろこしごはん、切り干し大根の煮物) ほか)

1章 重ね煮だから飽きないおいしさ 野菜だけの、シンプルスープ
(まずは一杯の野菜スープから。スープは「重ね煮」という調理法で作ります/基本の野菜スープ ほか)

2章 野菜+豆、穀物、魚介、肉で おかずになる、ボリュームスープ
(豆のスープ/穀物のスープ ほか)

3章 玄米や分づき米+雑穀、豆、いもで スープに合わせるシンプルごはん
(基本のごはん/玄米+雑穀 ほか)

4章 さっと作って、スープに添えたい 野菜の、小さなおかず
(フライパンでさっと重ね蒸し煮/さっと煮て、お手軽常備菜)

<印象に残った一文>
「住んでいる場所に近い土地でとれたお米や豆、その季節に収穫した旬の野菜を食べる。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

日本がさらに面白くなるエピソードが満載


目次は次の通りです。

第1章 地球のダイナミズムを感じる「地形」のあれこれ(沖縄本島には塩水が湧き出る世界に二つしかない川がある/川とつながっていない摩周湖は単なる"水たまり"だった!? ほか)

第2章 誰かに話したくなる「地方」の小ネタ

(屋久島では雪山を見ながら海水浴ができる/日本でオーロラが見られるところがあるって本当? ほか)

第3章 「歴史」に隠された日本地理の名場面
(北海道が三つの県に分割された時期があった/どうして都内の一等地に平将門の「首塚」があるのか ほか)

第4章 よく考えると不思議がたくさん!「地名」の由来
(洗足池ー洗うのは日蓮の足だった/左京区と右京区ー「南に向いた天皇」が基準になっている ほか)

第5章 日本経済を回している地方の「産業」事情
(「コシヒカリ」はもう新潟県では栽培されていない/青森県がリンゴの一大産地になった納得の事情 ほか)

意外に広大な日本には、地形や地理の知られざるエピソード、誰もが不思議に感じる疑問、驚きの新ネタがたくさんあります。
「日本でオーロラが見られるところがある」
「かつて銀座にナウマンゾウが闊歩していた」などの地理ネタ、
「島が八つあるのになぜ伊豆七島?」などの地名ネタ、
「尾張と三河はいまだに仲が悪い!?」などのライバルネタ。
日本がさらに面白くなるエピソードが満載です!

<印象に残った一文>
「川とつながっていない琵琶湖は単なる水たまりだった。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1