10万部突破の『やってはいけないウォーキング』続編

ズボラな人でも続く、効果が出る!
10万部突破の続編
最新の研究でわかった
医者とクスリに頼らず 自分で治すウォーキングの黄金律
全国33自治体が続々と採用 がん研究センターも太鼓判を押す!
「1日1万歩は病気になる!」…世界中が「奇跡の研究! 」と絶賛した、
15年5000人の大規模調査が、いま日本人の常識をくつがえす!
「中之条研究」と呼ばれる研究をもとにした「ウォーキングの黄金律」は、全国の自治体に広まり、
国の指針や一部上場企業で採用されるなど、健康の新定番になりつつあります。
そんな最新事例を盛り込んだ、10万部突破の『やってはいけないウォーキング』続編の1冊です。
色々なヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「8000歩、早歩き20分」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

20代ビジネスパーソンのカリスマ・千田琢哉氏が指南

目次は次のとおりです。

1 職場で一番先に帰る人の「スタートダッシュ」
2 職場で一番先に帰る人の「決断スピード」
3 職場で一番先に帰る人の「コミュニケーション」

4 職場で一番先に帰る人の「モチベーション」
5 職場で一番先に帰る人の「体調コントロール」
6 職場で一番先に帰る人の「人生のビジョン」

不器用でも、作業が遅くても、
最速で最大の結果を出して「職場で一番先に帰る人」になるスキルとそのコツを、
20代ビジネスパーソンのカリスマ・千田琢哉氏が指南します。
残業ゼロの時代に効果を発揮するスタートダッシュ法、スピード決断など役立つ情報が満載です。
色々なヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「人生を変えるのは、努力や苦労ではなく、知恵を絞り、工夫をこらすことなのだ。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

これからの時代に求められる働き方

目次は次のとおりです。

第1章 日本の職場が激変する
第2章 日本人の働き方の「何が問題」なのか
第3章 近未来の「働き方」

第4章 世界と戦える生産性を創造せよ
第5章 「人しかできない仕事」への人材シフト
第6章 どうする?外国人受け入れ

現在の深刻な人手不足は、働き手に長時間労働をもたらし、より良い職場を求める優秀な人材の流出につながっている。
企業にとっても働き手にとっても、「働き方改革」の重要性はいよいよ増しているのです。
また今後、「工場労働」型の仕事は、AIやロボットに置き換わっていくでしょうう。
果たして2022年、私たちの働き方はどう変わっているのか…。
政・財・官を幅広く取材する経済ジャーナリストが、これからの時代に求められる働き方を探り出す書です。
色々なヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「働き方を変えるということは、裏を返せば、人生のあり方を考えることでもある。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

北朝鮮処分の全内幕

北朝鮮がミサイル実験を繰り返しています。
それに対して、トランプのアメリカは空母を派遣するなど、武力も含めた実行力のある対処をすべく動き出しています。
さらに韓国には親北派といわれる文在寅が大統領になりました。
果たして朝鮮半島はどうなるのか。
戦争は起こるのか。
反日はより高まるのか。
韓国は日米とうまくやっていけるのか。
ソウルのみならず日本も火の海になるのか。
日本人は朝鮮半島という存在のために戦後最大の危機を迎えているといえます。
今後の朝鮮半島の行く末はどうなるのか。
日本との関りも含めて、北朝鮮と韓国の危うさを、日本の論客15人が分析します。
色々な気づきを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「世界のミサイル市場の約40%強が北朝鮮製です。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

ビジネス、家庭を円滑にするためのヒント

目次は次のとおりです。

第1章 怒りのメカニズム
第2章 関係の修復ー怒った人は相手に謝ってほしいのではない
第3章 効果的な謝罪

第4章 怒りの抑え方
第5章 仕返しと罰
第6章 赦し

現代人必読!なぜ謝罪はうまく伝わらないのか?
怒り、謝罪、仕返し、赦しにまつわるサイエンス!
ビジネス、家庭を円滑にするためのヒント。
色々なヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「2017年は怒りが政治を変えた年として記憶されることになるかもしれません。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

時代を見とおす読書術

目次は次のとおりです。

第1章 世界史と出会う旅
第2章 古代への飛翔
第3章 芸術を再読する

第4章 自然という叡智
第5章 リーダーたちの悲喜劇
第6章 現代社会への視座

本物の眼力を身につけるために!
読書の達人が精選した、最新ブックガイド109冊。
色々な気づきを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「すっかりと内実ある本を読んで、自らの世界観を磨き、将来を見誤らない眼力を身に着けうることが、現代のリーダーの条件だ」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

拡大する市場規模、成長市場の現状と課題を探る

目次は次のとおりです。

第1章 保育サービス業界を取り巻く外部環境と社会問題
第2章 子ども・子育て支援新制度の概要
第3章 子ども・子育て支援新制度による近未来予測

第4章 保育サービスの業界構造と事業形態
第5章 保育サービス市場新規参入の実態
第6章 保育サービス企業ランクと参考事例

第7章 保育サービス経営の基本
第8章 今後の保育サービス経営において大切なこと
資料編

保育サービス市場新規参入の実態は?
推進される企業主導型保育事業とは?
待機児童解消のための国の取り組みは?
地域型保育給付の創設で事業が多様化!
主な保育サービス企業ランクと参考事例。
拡大する市場規模、成長市場の現状と課題を探る書です。
目からウロコの情報が満載です。

<印象に残った一文>
「経営とは「お客様への価値提供による継続の追求」です。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

仕事の進め方とキャリアの作り方

目次は次のとおりです。

第1章 Employableな(雇用されやすい)ビジネスプロフェッショナルになるために
第2章 プリンシプルを持って、キャリアをデザインする
第3章 人材価値を上げるためのスキル・経験の身につけ方

第4章 転職によるキャリアの築き方
第5章 グローバル企業の仕事の進め方

第6章 グローバル企業のセルフマネジメント
第7章 仕事で使える英語力の高め方

これからの時代は細くても長く仕事を続けることがさらに求められる。
しかし、細いよりもできれば骨太な自分らしいキャリアを築きたい。
自分の幸せは自分で作るしかない。
オックスフォード修士、ロンドンビジネススクールMBA、
外資系コンサルティングファームなどでわかった普通の人でも必ず結果が出せる、
仕事の進め方とキャリアの作り方。
色々なヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「世界で通用するビジネスプロフェッショナルに必須なマインでセットは、、「キャリアは自分で作っていく」ということです。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

フットワークが軽くなる93のきっかけ

目次は次のとおりです。

第1章 「やりたくない」を乗り越える
第2章 「タイム・マネジメント能力」を高める
第3章 優柔不断と「どうせ…」を捨てる

第4章 すぐに動いて、チャンスをつかむ
第5章 自信がある人には、行動力がある
第6章 人生を楽しむ人は、すぐ動ける

第7章 結果を気にせず、まず動いてみる
第8章 自分に暗示をかけて、すぐ動く
第9章 「すぐ動く」ためのきっかけを作る

グズグズしていると、幸せは逃げていく。
「すぐやる人」になりたいあなたに。
色々な気づきを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「やったことはたとえ失敗しても20年後には笑い話にできる。しかし、やらなかったことは、20年経っても後悔するだけだ。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

我が愛すべきプロ野球選手たち 

目次は次のとおりです。

第1章 やっぱり、天才たちは変わり者だった!
(球界一の我の強さー金田正一/奇行が目立った天才バッターー榎本喜八 ほか)

第2章 型破りな選手たちが見せた野球への執念
(豪快に見えて実は繊細、二面性を持った変人ー江夏豊/バッティング職人という変人ー杉山光平 ほか)

第3章 球界に轟くあの「変人伝説」
(不平不満の塊なのに、なぜか憎めない変わり者ー江本孟紀/最もキャッチャーらしくない変人キャッチャーー田淵幸一 ほか)

第4章 突き抜けた変人は、もはや偉人だ
(野球技術より人間教育に特化した偉人ー川上哲治/非常識さが「伝説」となるほどの超人ー長嶋茂雄 ほか)

ノムラが見た、球史に輝く強烈キャラクター52人を選出!!
あの名選手たちの笑いと涙、超ド級の「変人伝説」を大公開!
目からウロコの情報が満載です。

<印象に残った一文>
「人生は、全て手に入れることができないということだろう。人生とは不思議なものだ。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.01