次の世界で新秩序をリードするのは日本!


目次は次の通りです。

第1章 新型コロナウイルス問題でわかった中国の問題点
(シルクロードが運ぶ疫病/食の禁忌なき民 ほか)

第2章 中国は世界中から排除されていく(対中国戦略として米海兵隊再編/研究機関から中国人の閉め出しが始まっている ほか)

第3章 アメリカとの対立ー中国は変わるか?
(新型コロナウイルスは「戦争」/欧米が中国依存から脱却を開始 ほか)

第4章 アフターコロナで登場する新しい世界地図
(中国が米国債を売っても困らない/中国では豚コレラも蔓延 ほか)

第5章 新時代、主役は日本。それは歴史の必然だった
(安倍首相は世界に向かって国際演説を!/日経平均は5年以内に5万円に到達する ほか)

ただの成金にすぎない中国はジャイアン・アメリカにはとうていかなわない!
リーマンショックを超える規模で中国バブルが崩壊し、世界から排斥される中国のいない次の世界で新秩序をリードするのは日本!
今後の潮流を読むうえで参考になる書です。

<印象に残った一文>
「日本は今後も人権を尊重し、民主主義や自由主義を貫くながらも中国という軍事的、経済的脅威をよく分析し、自国を守る対策を講じる必要があります。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

建国から250年の軌跡


目次は次の通りです。

序章 政治を緩やかに覆うアメリカの政党
第1章 反政党の時代ーアメリカ革命~一八二〇年代
第2章 政党政治の本格化ージャクソン政権期~再建期

第3章 現代社会への適応ー南北戦争後~一九三〇年代
第4章 リベラル優位の時代ー戦後~一九七〇年代

第5章 分極化の時代ー一九八〇年代~オバマ政権期
終章 アメリカ政治は多数決主義に向かうのか

アメリカの民主・共和の二大政党は、世界の中で極めて異質だ。
実は両党は、地域の政党組織の連合体に過ぎず、党首、恒常的な綱領、党議拘束も原則ない。
他方で、地方政治家、政府高官、裁判官など隅々にまで浸透し、いずれかの党派であることが当然とされる。
両党は法によって優遇されてもいる。
本書は、支持層・基盤を変えながら二大政党が制度化していく歴史を辿り、大統領を通して語られてきたアメリカ政治の本質を描きます。
今後の潮流を読むうえで参考になる書です。

<印象に残った一文>
 「アメリカの二大政党は組織として一体性を欠く半面、政治全体に幅広く浸透し深く根を下ろしいている点に重要な特徴がある。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

世界史的、文明史的観点から大胆に予測


目次は次の通りです。

第1章 独裁国家はパンデミックに強いのか
第2章 AIで人類はレジリエントになれる
第3章 ロックダウンで生まれた新しい働き方

第4章 認知バイアスが感染症対策を遅らせた
第5章 新型コロナで強力になったGAFA
第6章 景気回復はスウッシュ型になる

新型コロナウイルスが国境を超えて蔓延する中、現代最高峰の知性六人に緊急インタビュー。
世界と日本の行く末について問うた。
このパンデミックは人類の歴史にどんな影響を及ぼすのか。
これから我々はどんな未来に立ち向かうのか。
世界史的、文明史的観点から大胆に予測する。
今後の潮流を読むうえで参考になる書です。

<印象に残った一文>
「新型コロナウイルス問題の医学的核心は、我々に免疫がないことと、ウイルスに対して免疫系が暴走して臓器障害から死に至ることの2点である。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

中国人芥川賞作家が覚悟の告発

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

わが敵「習近平」 [ 楊逸 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/11/15時点)


目次は次の通りです。

プロローグ 新型コロナウイルスの深い闇
1 武漢ウイルスは中国が世界に仕掛けた「戦争」だ
2 私の体験が物語る中国共産党の「非道」
3 五六の民族に五六の不幸

4 強欲な共産党が「世界支配」を目論む
5 中国人へ、覚醒のすすめ
おわりにー「危険だから」と、見て見ぬふりはできない

中国共産党の「大罪」を許さない。
中国人芥川賞作家が覚悟の告発!
今後の潮流を読むうえで参考になる書です。

<印象に残った一文>
「今回の新型コロナウイルスは、中国共産党により武漢ウイルス研究所P4実験室で組み替えられたものであり、その目的は「生物兵器の開発」にあったのではないかという疑惑が捨てきれません。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

『しんがり』『石つぶて』の著者が放つ渾身の企業ノンフィクション!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サラリーマン球団社長 [ 清武 英利 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/11/15時点)


目次は次の通りです。

第1章 傍流者の出向
第2章 赤貧球団なんでも屋
第3章 あきらめたらあかん

第4章 焼肉丼の味
第5章 下剋上人事
第6章 主流派との闘い

第7章 マネー・ボールのあけぼの
第8章 社長室はソロバンをはじいた
第9章 血を流す覚悟はあるか

第10章 「コア」をつかめ
第11章 サクラサク
第12章 ボロボロになる前に

第13章 枯れたリーダー
第14章 耐雪梅花麗

旅行マンから阪神タイガースに出向した野崎。
経理部員から広島カープに転職した鈴木。
彼らは野球の素人だった。
営業収益アップ、商品販売の効率化、上司の理不尽な命令、異例の人事異動..."
どん底"球団の優勝にむけて2人のサラリーマンが行った改革とは!?
『しんがり』『石つぶて』の著者が放つ渾身の企業ノンフィクション!
いろいろな気付きを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「どん底の会社や組織をひっくり返すような改革は、主流の人々よりも異端児や、冒険心にあふれた傍流の者によって成し遂げられることが多い。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

個人事業+ミニマム法人で保険料を増やさずに年金受給を増やす!


目次は次の通りです。

第1章 個人事業のまま老齢年金給付を増やす方法
第2章 個人事業のまま傷病手当金や障害・遺族年金を増やす方法
第3章 個人事業のまま保険料を節約する方法

第4章 個人事業+ミニマム法人とはどんな方法か?
第5章 個人事業+ミニマム法人にするメリットとは?

第6章 ミニマム法人設立の費用や手間と注意すべき点
第7章 よくある質問Q&A

国民年金基金からiDeCo、つみたてNISA、ミニマム法人設立による厚生年金加入まで、働きながら老後に備える術がすべてわかる!
いろいろなヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「個人事業を残したまま、「ミニマム法人」」
を設立して厚生年金に入ることによって、保険料も増えない上に、もらえる年金の種類や給付の額は増えるというメリットを手に入れることができます。

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

多角的かつ客観的に韓国経済を学べる入門書

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

解説 韓国経済 [ 高安 雄一 ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2020/11/14時点)


目次は次の通りです。

第1章 経済の規模・成長
第2章 企業・労働
第3章 国際金融・貿易分野

第4章 財政・社会保障
第5章 金融・物価
第6章 生活・社会

ありのままの韓国経済を知ろう。
本書では、韓国経済を「経済の規模・成長」「企業・労働」「国際金融・貿易」「財政・社会保障」「金融・物価」「生活・社会」の6つの分野から計60のテーマを設定し重要指標と関連図表を豊富に用いてやさしく解説。
多角的かつ客観的に韓国経済を学べる入門書です。
今後の潮流を読むうえで参考になる書です。

<印象に残った一文>
「韓国では人口の首都圏一極化が進んでいますが、大学は人口以上に首都圏に一極集中しています。」


私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

今さら聞けないアメリカ大統領選のしくみ


4年に一度行われるアメリカ大統領選挙。ニュースを観ても何をやっているのかよくわからない。
そこで、「しくみ」や「争点」、「人種や宗教などの影響」などをわかりやすく図解し、応援できる「大統領選早わかりマニュアル」
いろいろな気付きを与えてくれます。

<印象に残った一文>
「近年、民主主義や立憲主義の在り方、あるいは平等・差別・格差・進行などを巡って分極化が進行し、もはや価値観におけるコンセンサスが維持されているとは言えない状態が生まれつつあるのかもしれない」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

忙しい日にパパっと作れる。


目次は次の通りです。

1 メインおかず(肉/魚介)
2 サブおかず(にんじんのハニーマスタードラペ/にんじんとツナのしょうがいため ほか)

3 スープ(油揚げとキャベツのしょうがみそ汁/豚汁 ほか)
4 おやつ(きな粉ミルクもち/ガトーショコラ ほか)

忙しい日にパパっと作れる。
主菜も、副菜も、スープも、おやつも、レンチンだけでできちゃう。
おいしい100レシピを厳選。
いろいろなヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「電子レンジなら食品の中心部まで早く加熱することができるため、時短料理が可能になります。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

読書を楽しみながら、読解力、記憶力、思考力をすべて鍛えることができる秘訣


目次は次の通りです。

第1章 なんのために読むのか?
(「義務感」「速読」「効率」の呪縛が読書を遠ざける/自分の「好奇心」を引き出して楽しみながら読む ほか)

第2章 「記憶力」を高める読書の技術
(丸暗記・穴埋め型で覚えると忘れてしまう/記憶を呼び戻す「5W1H」を常に意識する ほか)

第3章 「思考力」を高める読書の技術
(仮説を立てて「世の中」のニーズを探りながら読む/同じテーマのさまざまな考え方の本を読めば「しなやかな思考力」が身につく ほか)

第4章 「楽しむ読書」を習慣化する方法
(まずは読みたいように読めばいい/自分の心に忠実に読みたい本を選択する ほか)

第5章 読書を楽しむ工夫、読書に飽きない工夫
(心にピンとくるワンフレーズを探しながら読む/未知の分野を学びたいときの工夫 ほか)

忙しい人でも簡単にできる!
仕事にも学びにも自然に効く!
法律家のすごい読み方。
読書を楽しみながら、読解力、記憶力、思考力をすべて鍛えることができる秘訣。
いろいろなヒントが詰まっています。

<印象に残った一文>
「本とのめぐり逢いは、その人にとって必要な時に訪れる。」

私のサイトです。
よろしければご覧下さい。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1